インデペンデンス・デイ リサージェンス
ホーム > 作品情報 > 映画「インデペンデンス・デイ リサージェンス」
メニュー

インデペンデンス・デイ リサージェンス

劇場公開日

解説

1996年に製作・公開され、世界中で大ヒットを記録したSFパニック超大作「インデペンデンス・デイ」の20年ぶりの続編。エイリアンの侵略を生き延びた人類は、共通の敵を前にひとつにまとまり、回収したエイリアンの技術を利用して防衛システムを構築。エイリアンの再来に備えていた。しかし、再び地球を目標に襲来したエイリアンの兵力は想像を絶するものへと進化しており、人類は為す術もなく、再度の絶滅の危機を迎える。監督は、前作も手がけたディザスター映画の巨匠ローランド・エメリッヒ。戦闘機パイロットの主人公ジェイク役を「ハンガー・ゲーム」シリーズのリアム・ヘムズワースが演じ、ビル・プルマン、ジェフ・ゴールドブラムら前作から続投したキャストも参加。

キャスト

作品データ

原題 Independence Day: Resurgence
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
上映時間 120分
映倫区分 G
上映方式 2D/3D
オフィシャルサイト  

インタビュー

ローランド・エメリッヒ監督に20年ぶりの続編製作を決意させた“あること”とは?
インタビュー

ローランド・エメリッヒ監督が、世界的大ヒット作「インデペンデンス・デイ」の20年ぶりの新作「インデペンデンス・デイ リサージェンス」(7月9日公開)を携えて映画ファンの元へ帰ってきた。ダイナミックな破壊シーンで観客を魅了してきた名匠を...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

さらなる破壊への大義名分を得た終末仕掛人エメリッヒの創造力、ここに究極を見る!!
インデペンデンス・デイ リサージェンスの映画評論・批評

「紀元前一万年」(08)で誰も見たことのない人類の創生期をスクリーンに展開し、「2012」(09)ではマヤ暦が予言する天変地異を視覚化して、人類を勝手に滅ぼそうとした「試験に出ない世界史」の誉れ高い語り部、ローランド・エメリッヒ監督(...インデペンデンス・デイ リサージェンスの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全340件)
  • 続編ではなくリブートかと思わせるほど前作と内容が似ていた。前作もつ... 続編ではなくリブートかと思わせるほど前作と内容が似ていた。前作もつっこみどころ満載だったが面白かった、今作は単純につまらない。その要因として人間側の兵器の進化しすぎている点、いまいち強いのか弱い... ...続きを読む

    ぷりけつ ぷりけつさん  2016年12月10日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • キャラに魅力なし 前作はキャラが立ってたのに今作の新キャラは誰が演じても同じ。次作キャスト変わってても何も思わないとおもう。それぐらい魅力なし。 中身としては普通。レンタルでよかった(^^) ...続きを読む

    ゆた147 ゆた147さん  2016年12月9日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 印象に残らない ネタバレ! 全体的にごちゃごちゃしててキャラの深掘りも浅く印象に残らない。 何のために出てきたの?というキャラも多いし、特に中国人とか。(今のハリウッドで中国の資金力が凄いって事は理解) 後半のやっつけ感が... ...続きを読む

    みたらし みたらしさん  2016年12月5日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

「インデペンデンス・デイ」シリーズ関連作品

他のユーザーは「インデペンデンス・デイ リサージェンス」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi