浄霊探偵のレビュー・感想・評価

メニュー

浄霊探偵

劇場公開日 2015年7月18日
4件を表示 映画レビューを書く

ホラーのようでホラーではない、逆に高柳明音ファンは安心して見れる映画かも

霊を扱った映画でしたので、ホラーなのかな?と思いながら見たのですが、ホラー要素は薄目、と言うかホラーではなかったですね、言うなれば霊を扱った特撮物?とでも言いましょうか。
ホラー要素に期待して見た方には、相当な肩透かしだったことでしょう。
まあ特撮物としても、CGのショボさを含めて全く持って物足りない内容ではありましたが・・・。
ただW主演の一人であるSKE高柳明音のファンだけどホラーは怖くて見れないと言う方には、ほぼホラー要素はないので安心して高柳明音を堪能できる映画だったと言えましょうか。

面白かったか面白くなかったかで言えば、まあ正直面白かったとは言い難いです・・・。
つまらないってほどつまらなくもなかったので、面白くなかったとも言い難いのですが、間違いなく言えるのは、チープ臭が半端じゃなかった、いくら低予算とは言え、クライマックスのアレは酷かった。
もうどうせならB級感丸出しのくだらなさを売りにした特撮物にしてしまえば良かったような気もするのですが、主人公の師匠を演じたのが本物の浄霊師だったせいか(企画・原案もこの方の持ち込だったようですね)、浄霊のシーンだけ物凄く本格的だったので、チープさを笑うタイプの映画とも違ったのが逆に何ともどっちつかずで中途半端だった印象です。

師匠の言葉は物凄く良さげなんですけど、全然頭に入ってこなくて・・・。
とりあえず見終わって浄霊と除霊の違いを調べたり、何となく興味は持ちましたが、映画的にはこの(チープな)作風には真面目すぎた印象で、逆効果だった気がしました。
アイドルが主演なのに、アイドル映画って感じでもなかったですし、一体この映画はどの層にウケようと思って作ったのか、ちょっと見えにくかったです。

まあでも冒頭の、今野悠夫が演じた主人公の探偵見習い描写があまりにも酷かったので、ハードルが最初から低くなった分、逆に何だかんだで最後までそれなりには楽しめたんですけどね。
演技の問題か演出の問題か、いまいち主人公に感情移入できなかった分、満足度は微妙でしたけど。
他の脇役陣も何かと微妙に見えた分、むしろ高柳明音の演技が意外と上手く見えました、高柳のちょうどいい可愛さナチュラルさも何気に好ポイントでしたよ、逆に最後に少しだけ出てきた三女の子(上月せれな)はアイドルオーラ全開過ぎてちょっと笑っちゃいました(それなりに感動もしましたけど)
しかし終わってみると、あの対決の結末って、本人同士、結局アレでしたよね・・・。

スペランカー
スペランカーさん / 2017年2月14日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  泣ける 笑える 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

物語は案外よいが…

DVD鑑賞。物語自体が悪いわけではない。ちゅりはじめ、主演の俳優も頑張っている。うまいとは言い難いが頑張りは伝わる。しかし、演出が超C級で下手な戦隊ものよりひどい。途中、雨降っちゃってるし、、、役者・スタッフへの同情票で3点。妹の子、結構よかったな。

ロマロマ
ロマロマさん / 2016年4月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

脚本がダメすぎ・・

とにかく脚本がつまんない。才能ない人だね。脚本がダメだと、どんな役者使っても、いいスタッフでもおもしろいはずないじゃん。。。

ウエッティ
ウエッティさん / 2015年11月25日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

予想以上

浄霊と言ってもホラー系ではなくヒューマンドラマ的。ドキドキ感もウルウル感もあり予想以上の出来でした。何よりも長回しも一発OK(監督談)のちゅりは女優でした。DVDにして欲しい。

暁のフリーダム
暁のフリーダムさん / 2015年7月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi