高慢と偏見とゾンビ
ホーム > 作品情報 > 映画「高慢と偏見とゾンビ」
メニュー

高慢と偏見とゾンビ

劇場公開日

解説

ジェーン・オースティンによる恋愛小説の古典「高慢と偏見」にゾンビの要素を取り入れる大胆なアレンジでベストセラーとなったセス・グラハム=スミスの同名小説を、「シンデレラ」のリリー・ジェームズ、「マレフィセント」のサム・ライリー主演で映画化。感染するとゾンビとなる謎のウィルスが蔓延する18世紀のイギリス。片田舎で暮らすベネット家の5人姉妹は、裕福な男性との結婚を夢見ながら得意のカンフーでゾンビと戦う毎日を送っていた。ある日、屋敷の隣に資産家のビングリーが引っ越してきて、ビングリーの友人で大富豪の騎士ダーシーも出入りするようになる。舞踏会でダーシーと知り合い、色めきだつ姉妹だったが、次女のエリザベスだけは、ダーシーの高慢な態度に嫌悪感を抱いていた。そんな中、人類とゾンビによる最終戦争が勃発。ともに戦うことになったエリザベスとダーシーは、互いに自らの中で抱いていた偏見に気づきはじめる。監督と脚本は「セブンティーン・アゲイン」のバー・スティアーズ。原作ファンで映画化のきっかけを作ったナタリー・ポートマンがプロデューサーとして参加。

作品データ

原題 Pride and Prejudice and Zombies
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ
上映時間 108分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

J・オースティン×ゾンビの最新マッシュアップに、フェミニズム活劇の新フレイバー
高慢と偏見とゾンビの映画評論・批評

マッシュアップとは、既存の異なる要素を抜き出して混ぜ合わせるという音楽用語。当然映画にも当てはまり、ジェーン・オースティンの最高傑作と言われる「高慢と偏見」にゾンビをミックスした最新マッシュアップムービーが「高慢と偏見とゾンビ」。少々...高慢と偏見とゾンビの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全49件)
  • 異色のコラボ企画 邦画なら時代劇とゾンビか?ホラー目的の人はバイオハザードのような迫力やスピード感は皆無ゾンビ話より貴族の話がメインなのでちょつと消化不良でイマイチな! ...続きを読む

    ゆたぼー ゆたぼーさん  2016年11月27日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 意外と感情移入できる 全くB級感が素晴らしい作品。 ストーリーとか結構読めるけどそれはどうでもよく、何と言っても設定が良い。 設定を守るために一生懸命作ってあるのがわかり、とても楽しめた。 エリザベス、結構好き。 ダ... ...続きを読む

    たけたけ たけたけさん  2016年11月14日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • エンターテイナメント! 思ったよりゾンビ少な目。 ヒロインは美しくドレスも可愛い セットも美しく豪華でお城も出てくる。 とにかく衣装の素晴らしさに感激。 殺陣も格好いい。 剣を扱う女性陣の格好良さと言ったら溜め息。 私... ...続きを読む

    容子 容子さん  2016年10月21日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「高慢と偏見とゾンビ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi