龍三と七人の子分たちのレビュー・感想・評価

龍三と七人の子分たち

劇場公開日 2015年4月25日
195件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

理解できません ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

北野武とは、いったい海外で何を評価されてるんでしょうか?

今回初めて彼の監督作品を見たのですが、登場人物に全く感情移入できません。しいてあげるなら龍三の息子夫婦の奥さん?
一般人の目線からは、迷惑極まりない老人が最後まで迷惑をかけ続けるだけの映画で、救いも無ければ爽快感もありません。

これはギャグシーンなんだろうな、という予測は立てられるのですが、何を笑えばいいのかわかりません。むしろ乾いた笑いが出るんですがそれが狙いでしょうか。

映画館でポスターを見た時、北野武監督作品とは気づかず、「引退したおじいちゃんが大活躍する話」だと思い「見たいな~」と思ってたんですが、レンタルで見つけて借りてしまった事を激しく後悔しております。映画館で見なかった事だけが唯一の救いでした。

本当に、これは誰を笑わせるために作られた映画なのか、対象が全くわかりませんでした。ヤクザ向けでしょうか?これを見て笑える人がいるんでしょうか??孫の可愛がっている文鳥を焼き鳥にして食い、息子の会社から金を騙し取り、仲間の遺体を盾にして銃撃戦をする。最後は警察に捕まりましたが、二度と現世に出てこないで欲しいと思いました。

「ヤクザなんてのはクソである」という事を示したいというのであれば大成功だと思います。

が、映画としては本当に面白くもなんともない。
見て後悔しかありません。
印象の「怖い」は、「これを面白がって見れる人がいるという事実が怖い」という意味です。

さくさくパイナップル
さくさくパイナップルさん / 2017年10月23日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

困った爺さんたち

総合60点 ( ストーリー:50点|キャスト:70点|演出:65点|ビジュアル:70点|音楽:65点 )

 成功して幸せな老後をおくれる暴力団員なんてそう多くはない。今は苦労していても昔の良い時代と生き方が忘れられない爺さんたちを集めた喜劇。緩い雰囲気の中で昔ながらの毒のある可笑しさを散りばめる。ただそれが爺さんたちと同様に古いお笑いであったりして必ずしも全て笑えるものばかりでもなかった。
 中尾彬の扱いが悪いのが続くのはしつこいと思った。それも最後はただずっとじっと動かずにいて、その間にひたすらいじられるだけで演技力も何もない。彼に何か恨みでもあるのかと思えるほどに酷い役だった。でもこれだけ徹底的にぞんざいな扱いをされるとそのしつこさを超えて笑いになった。

Cape God
Cape Godさん / 2017年10月22日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

任侠の老後 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

過去のヤクザな血はそのままで歳を重ね、暇を持て余したおじいちゃん8人が一龍組という暴力団を結成。周囲からは年寄りのヤクザごっこに見えるものの、実は殺しも寄せ場も経験済みのホンモノの方々。

オレオレ詐欺に騙されて指を詰めようとする最初だけは面白かったですが、全体的に監督特有の昭和なお笑いに終始していました。コメディ、極道要素、高齢者を取り巻く環境、それに企業による不正隠しなど、色々と盛り込んではあるものの、どれも中途半端でした。古いから悪いということはないですが、ヤクザの世界もお笑いの世界も、世代間ギャップを感じました。

セスナ機で高層ビルに突撃するシーンは、流石に作れなかったのでしょうかね。

死ぬまでヤクザを貫くつもりで、警察に逮捕される際の清々しさが良かったです。

everglaze
everglazeさん / 2017年10月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

WOWOWにて観賞

一方引いた『アウトレイジ』シリーズと違い、北野武の極道愛が溢れた目線となっている。

ご老人ヤクザたちは恫喝して大暴れしてご満悦、カタギへの配慮は皆無、これが全面肯定されている。
よって、ご老人達はアウトローのヒーローとして描かれているにも拘わらず、単に不快な人物像となっている。

笑いとアクションも不発。
6人の部下達も誰一人面白くなく感情移入も出来ないし、主人公一家のファミリーコントもつまらない。バスチェイスも弛緩気味で正直退屈した。

shallowwhite
shallowwhiteさん / 2017年10月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

龍三と七人の子分たち

はじめて北野武作品を見た。出演者に興味があって録ったらたまたまそれが彼の作品であったと言うだけ。あの思い上がった態度は昔から虫が好かなかったが、外国でももてはやされているという話を聞いていたので取り敢えず見ることにする。確かにど素人。NHKの朝ドラの大阪制作並の下手さ。何がって。脚本はきちんと練られていない、登場人物の行動、仕草のつながりの悪さ、そして間の悪さ。さすがに時間が勿体ない。確かに、昔と違ってフィルムという資源のゴミ化は無い。でも時間の浪費はどうしようもない。選択を誤った自分を恥じるしかない。我慢に我慢を重ねて30分が限界。HDからも即削除。上記評価は見てしまった自分が悲しくて「泣ける」のです。誤解無きよう!!

kusojijii
kusojijiiさん / 2017年10月7日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

元気すぎるヤクザたち。

ずっとクスクス笑ってばかりでした(笑)

こんな元気なお年寄りなかなかいませんね。

なんせ元ヤクザなのですから、当然なのかもしれませんが、なんだかんだ事件を起こしながらも、人情を大切にする姿が良かったです。

今時の若者よりも、この年代の年の方のほうがパワフルな気がしました。

藤竜也さんのヤクザ姿も良かったし、ビートたけしさんの刑事役も好きでした。

ガーコ
ガーコさん / 2017年6月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

深く考えず

突っ込みながら見ました(笑)

美豚のしっぽ
美豚のしっぽさん / 2017年6月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあまあ

悪くない たけしの好きな人 好きなコント 好きな世界って感じ テレビでコントが作れくなったから こういうのは有かと
もっと 徹底してもよかった たけしは「映画」への尊敬が強すぎるか 映画そのものも食ってしまうぐらい コントにして欲しかった。松本人志やたけしには 本当に好きなものを徹底して 作って欲しい

U-TA
U-TAさん / 2017年5月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

つ、つまらない。爺さん達に魅力が無い…。何言ってるかわかんないしギ...

つ、つまらない。爺さん達に魅力が無い…。何言ってるかわかんないしギャグはスベるし。爺さん達の自己満足でしかないなあ。往年の名優を使うなら、もっとうまくやってほしかった。残念。

まるこ
まるこさん / 2017年3月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

非情にわかりやすい

なんとなくずっと観ていなかった、これ。
非情にわかりやすい。おそらく日本人には、意外性がないってことになるんでしょうね。「ビートたけし」をよく知っているわけですから。海外のほうが面白がれる要素が多いと思います。
北野作品はすべて観ていますが、「笑い」の量は一番ということになるんでしょうか。力の抜けた「笑い」、シュール過ぎず。
後半に向けて調子が上がるので、予想していたより良かった、というのが正直な感想。

okaoka0820
okaoka0820さん / 2017年3月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

たけし映画で一番入りやすい

癖の強い監督ですが、一番分かりやすいコメディをやってると思う。
単純に笑いたい、楽しみたいという意味ではオススメできます。
平均年齢70超えとの事ですが、みんなその役になりきっており、さすが役者だなぁと思います。

不謹慎なネタや右翼批判などは人によっては不愉快になるかも?w
自分は好きな映画ですね。
8人ともキャラスターがちゃんと出来てるし、安田顕がとにかくカッコいい。

もう少し対立までの経緯が凝っていれば、なお良し。
でも、笑えました。

ジーナ
ジーナさん / 2017年2月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

むむ

わらいも感動もない。

まっちゃん
まっちゃんさん / 2017年2月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

軽快で良かった!!

序盤の蕎麦屋でのやり取りが面白くて引き込まれました。仲間が加わる過程は最近劇場で観た「マグニフィセント・セブン」より自然でしたが、やはり存在感のない者もいました。TAKESHIの台詞は相変わらず聞き取りづらいです。浄水器詐欺は愛知では未だ現役で、昨年一見好青年を装い家に来ました。街宣車は「ゆきゆきて神軍」くらいのヤバさが欲しかったです。カルト入信の清水富美加が出演しているのも話題性があります。主人公が屁をこくと笑えます。前半の方が面白かったですし、ラストは格好良いお爺ちゃんたちとして啖呵を切ったりする事もなくスッキリとせず残念です!!

アンジェロ
アンジェロさん / 2017年2月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「お控えなすって」「控えてねぇよ・・」 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「龍三と七人の子分たち」(北野武監督)から。
任侠の殺し合いなどが多い、北野武監督作品が多い中、
今回のような、コメディタッチで描いた作品は面白かった。
流石というか、当然というか、お笑い要素満載で、
私のメモも増えた。
ヤクザ引退後、毎日くすぶった生活を送っていた
元ヤクザの連中が集まり、詐欺で荒稼ぎしている若者たちを
潰してやろう、という単純なストーリーが愉快だ。
新たに結成した「7人」は、それぞれイメージを膨らます。
「七人の侍」「13人の刺客」「二十三の瞳」・・と、
数字に関係する作品を口にし「瞳が1つ足りねぇじゃないか」と
突っ込まれたりする。そんなシーンが何か所も設定されていて、
その都度、メモしてしまった私がいる。(笑)
何と言っても作品名が「龍三と七人の子分たち」だから、
明らかに「白雪姫と七人の小人たち」をもじった、と分かる。
若い奴らに乗り込んで、仁義を切るシーンは最高だ。
「お控えなすって」「お控えなすって、って何なんだよ」
「お控えなすって」「控えてねぇよ・・」
ヤクザの世界も、世代交代だなぁ。(笑)

P.S
緊張したところで「ぷう〜」とはっきり聞こえる「おなら」、
何回も登場するけど、どんな意味があるんだろうか。

shimo
shimoさん / 2017年2月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑えるけどコントだよね

笑えるけどコントだよね。北野映画はいつも重いのですが、今回は楽に観れた。

ボケ山田ひろし
ボケ山田ひろしさん / 2017年2月12日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

笑える

隠居生活の龍三は息子家族が出かけている隙に、昔の極道仲間と連んで極道ゴッコを始めた。

街を闊歩しみかじめ料をせびりに回る龍三爺さん一派。

入院中の者やグループホームに入所している者などかなりの高齢極道だがハートは熱い。

インテリヤクザが蔓延る街に一龍会が乱入し、テンヤワンヤの事態。

中尾彬がツボです。

♪riko♪
♪riko♪さん / 2016年12月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

コメディ

ちゃんと笑えるコントみたいな展開でわかりやすい

にょむ
にょむさん / 2016年12月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もうひと花咲かせてやれ!

藤さん、近藤さん。今の方がよりかっこいいです!
「ジジイ」分野映画って、これから増えるかもね。
ストーリーもわかりやすいし、後半は結構笑えました。
安田顕さんも、いかにも悪なんだけど、実はビビって・・・というのもナイス。「ナインダーツ」で技を決めるなんてかっこいい!
ジジ好きにはたまらん映画でした。

fukui42
fukui42さん / 2016年11月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

北野武特有のヒリヒリするかんじのないヤクザものコメディ。 アウトレ...

北野武特有のヒリヒリするかんじのないヤクザものコメディ。
アウトレイジみたいに家族やデートで観るのを憚られるような内容でもなく、安心して観れる娯楽映画。
途中ダレるかんじはあるものの、ヤクザの同窓会のノリで好き勝手やってるじいさんは面白くて、終始笑わせてくれる。
時代に取り残されたヤクザのじいさんと、今時のワル連中とやりあうのは、お互いに何いってんだコイツ状態。馬鹿馬鹿しいけど、青春を忘れないじいさん達ってステキだね!身内にはいてほしくないけど笑

laika
laikaさん / 2016年10月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クスクス笑いが結構ツボに嵌った

今まであまり北野武監督作品は見てこなかったので、他の北野作品と比較してどうなのかはよく分かりませんが、この映画はクスクス笑いが結構ツボに嵌って、単純に面白かったです。
北野武と言うよりはビートたけし色が強かったのかな?
たけしがコントでやりそうなネタがふんだんに盛り込まれていましたもんね、まあ爆笑とまではいきませんでしたが、終始楽しい映画でした。
でも何となくコアな北野武監督ファンからは支持されていないのも妙に納得、まあしかし北野監督にも息抜きは必要ですから、こう言う万人向けコメディで英気を養うのもたまには良いのではないでしょうか。
私のような北野ビギナー的な人も今回の作品でたくさん取り込んだことでしょうし、一石二鳥と言うことで・・・。

しかし昔気質な元ヤクザのジジイ軍団VS企業の皮を被った悪質現代ヤクザの対決は、別にジジイ軍団も褒められたものではないのだけれど、現代の悪質なヤクザモドキの陰湿な行動が妙に現代社会とリンクするところもあって、いい感じに感情移入させられつつ最後は痛快な気分にさせてもらいましたよ。
説教臭くなく高齢化社会の様々な問題を笑いに変えていたところが、いかにもビートたけしらしい笑いでしたね。
ジジイ軍団を正義の味方として描いていないのも、逆に好感が持てました、普通に迷惑ですもんね、このジジイ達・・・。

それにしても、親分の藤竜也と相棒的な近藤正臣の掛け合いが終始面白かったなぁ。
そば屋での顛末とか結構好きでした、でもそば屋のカツ丼もおいしいんですよねぇ。
まあこれはカッコ良くて渋い藤竜也を中心に据えたからこそ、成り立った映画でしたね、藤竜也が真面目にボケまくる意外性が最高でした。
7人の子分たちは近藤正臣と中尾彬以外は、まあいいとこ早撃ちのマックぐらいが目立っていたぐらいで、微妙にバランスが取れていなかったのは難点だったでしょうか、小野寺昭なんてドスベリしていたし・・・。

でも中尾彬があんなイジラレ役とは、イメージ無さすぎてちょっとビックリ、終盤は完全にコント要員で思わず笑っちゃいました。
その中尾彬の孫娘に清水富美加とは・・・もっと話に絡んで欲しかったなぁ。
敵役のボスに安田顕の配役も意外と良かった、思いのほか凄みがありましたねぇ、それでいて微妙にヌケている感じが結構好きでした。
ラストのはちゃめちゃな感じも良かったです、オチはもう一歩な気がしましたけどね、まあ北野ビギナーな私には最適な映画でした。

スペランカー
スペランカーさん / 2016年10月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

195件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi