ザ・レッスン 女教師の返済
ホーム > 作品情報 > 映画「ザ・レッスン 女教師の返済」
メニュー

ザ・レッスン 女教師の返済

解説

子どもたちにお金のモラルを教える立場にある女性教師が金銭トラブルに巻き込まれ、追い詰められていく姿をスリリングに描いたブルガリア発の人間ドラマ。これが長編デビュー作となる新人監督コンビ、クリスティナ・グロゼバとペタル・バルチャノフが、実在の事件をモチーフに脚本・監督を手がけた。とある小学校の教室で生徒のお金が盗まれた。担任を受け持つ真面目な女性教師は犯人に名乗り出るよう求めるが、誰も出てこない。そんな中、彼女の夫が借金をしていたことが判明し、期日までに返済しないと家を手放さなければならない状況に追い込まれてしまう。2014年・第27回東京国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞を受賞した(映画祭上映時タイトルは「ザ・レッスン 授業の代償」)。

作品データ

原題 Urok
製作年 2014年
製作国 ブルガリア・ギリシャ合作
上映時間 105分
オフィシャルサイト  

他のユーザーは「ザ・レッスン 女教師の返済」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi