劇場版gdgd妖精s(ぐだぐだフェアリーズ) っていう映画はどうかな…?のレビュー・感想・評価

劇場版gdgd妖精s(ぐだぐだフェアリーズ) っていう映画はどうかな…?

劇場公開日 2014年9月27日
1件を表示 映画レビューを書く

皆で笑って一体感を楽しむ作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

内容的にはちょっと豪華なgdgdで、相変わらず茶会、メンタイ、アフレ湖とつづきますがその後の話が加わってます。
DVD(相変わらずのローポリゴン)で見れば十分な作品で脚本、演出共特別優れているものではありません。やはり声優の力が多くを占めている作品なのだと思います。
しかし、見る人が初見では無い言う前提ですが、館内の皆で笑って一体感を楽しめる稀有な作品であることは間違いありません。
そういった事に価値があると思う人は劇場に足を運ぶべきでしょう。
劇中の目玉の一つであるでんぱ組incなのですが、カワイイだけでは許されないような寒い役回りに徹しており(ここのやりとりのコロコロは最高なのですが)その意味でもでんぱ組incだけ知っていて見ようと思っている人には辛いと思います。
「なりヒロwww 」完全にTVへ繋ぐ予告編であり単発で楽しめる作品に仕上がってはいません。また、本編であるgdgdに比べ主人公たちのやりとりは間の悪さが目立ちます。尤も一部面白い部分もありましたので、チェックをする余地はあると思います。

ritalin
ritalinさん / 2014年9月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi