第一の敵
ホーム > 作品情報 > 映画「第一の敵」
メニュー

第一の敵

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

南米ボリビアでアンデス先住民の現実を描いてきた映画制作集団「ウカマウ」が、1974年に亡命先のペルーで撮りあげた作品。とある農村。農園主に盗まれた牛を返すよう求めた農民が、農園主に殺されてしまう。非道な仕打ちに激怒した農民たちは農園主を捕らえて判事に引きわたすが、判事は農園主を無罪にするばかりか、農民たちを投獄してしまう。その村へ、ゲリラ部隊が隊員の補充を求めてやってくる。事情を知ったゲリラは、農民たちと共にゲリラ作戦を展開し、再び捕らえた農場主を人民裁判にかける。こうして既成の秩序を打ち破った彼らの前に、第一の敵であるアメリカ帝国主義が現われ……。

スタッフ

監督
脚本
ホルヘ・サンヒネス
撮影
クトル・リオス
ホルヘ・ビグネッティ

キャスト

作品データ

原題 El enemigo principal
製作年 1974年
製作国 ボリビア・ペルー合作
上映時間 98分
オフィシャルサイト  
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi