悪童日記のレビュー・感想・評価

メニュー

悪童日記

劇場公開日 2014年10月3日
26件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

逞しい双子の生きる執念。

重苦しい暗い感じかと思いきや意外にサラァーと楽しく観れた。

双子の成長に冷静さ残酷さなどの感情が芽生え増してアッサリ行動する事柄に逞しさまで感じるが末恐ろしい双子で大人になったらと思うと怖い。

意地悪で冷たい婆さんに好感が持てた。

万年 東一
万年 東一さん / 2016年8月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

逞しい兄弟

厳しい環境の中で、強く生き抜いていくために、お互いを強くし合う兄弟の成長物語

ぎょくろ
ぎょくろさん / 2016年4月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

暗い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作よんでたので知ってたけど、
暗かった〜

映画としてはなにがいいたかったんだろ…
ひとつひとつのエピソードがけっこう強烈でしたが、
全体を思い返すといまいちなんだったのかわからない

原作はけっこう軽く読めたのに
映像にするとラストとかも救いようがないかんじでした

とば
とばさん / 2015年11月22日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

重い

なんとも言えない映画。よかったとも悪かったとも。心がもやもやして、精神衛生上は良くない。

shigeshigeshigeo
shigeshigeshigeoさん / 2015年11月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

酷美

残酷にも美しい作品だと思った。

戦争に巻き込まれていく中、正常に機能しない大人たちに振り回され、自分の足で立って歩いていくことを余儀無くされた双子の物語。
テンポが早く、しかし決して不愉快じゃない、むしろ丁度良い間。
含みを持たせつつ進んでいくストーリーに目が離せない。

戦争は味わったことがないし、これからも味わいたくないが、その時代最も振り回されたのは何も知らない子どもたちなのだろうと改めて思わされた。
生きることの美しさと儚さと残酷さ。

原作も是非読みたい。
そして続編を希望している。

みょこ
みょこさん / 2015年7月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キャストも演出も素晴らしい

昔ハマった原作の映画化ってことで、期待半分、不安半分で見たんだけど、原作のイメージを裏切らないハイレベルな出来だった。周囲の大人たちとの関わりが触りしか描かれないせいで、双子の行動原理の驚異的な仕上がり具合が原作に比べて伝わりにくい感じはあったけど、上映時間を考えればむしろよくまとまっていたと思う。雰囲気作りも秀逸で比較的淡々とした演出なのにフワッと世界に引き込まれる感じがとても好かった。

lylyco
lylycoさん / 2015年7月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

昔、小説を三部作全て読みました。悪童日記だけは記憶にあるのだが、そ...

昔、小説を三部作全て読みました。悪童日記だけは記憶にあるのだが、その後の2作は、裏を書き続ける感じしか覚えていません。本を読み返す元気はないので、映像化して欲しいな。無理かな。

ナオマニ
ナオマニさん / 2015年6月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

絶望しかない

原作3部作の内、1作目を映画化したもの。
原作を読んだことが無いので、これからどうなるか分かりませんが、とにかく暗い!
登場人物達は総じて陰湿であり、優しいと思ったら裏があり、良い意味で観客は裏切られます。主人公である2人の双子は、今回の映画が初主演初演技とのこと。なので、またリアルなんです。とてもテンションが下がるので、覚悟して観た方がいい1作。続編希望です。

Sakai
Sakaiさん / 2015年4月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キャスティングの勝利

原作の世界観に忠実に描かれている。原作では時代も国も曖昧だったが、映画では視覚化する以上具体的にせざるを得ず、限定的になってしまったとはいえ、しかしそれで本質を損なうものではない。
主要キャラクターがほぼ原作のイメージ通りで、キャスティングが見事だった。悪童たちもよかったがお婆さんの存在感、さらに裂唇の少女がまさに小説の世界そのもので、これが評価を高めた最大の要因だ。

くーにー62
くーにー62さん / 2015年3月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これは

衝撃的な内容。衝撃的な内容。大事なことなので二度言いました。衝撃的な内容。あ、三度目か。衝撃的な内容。原作ほど過激な描写はないが、ほぼ忠実に再現している

シネマんディアス泉本
シネマんディアス泉本さん / 2014年12月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

監督の原作愛

上映期間が短く、二回目は見れなかったけどもう一度見たい映画。
何かが欠落している人間達の描き方がさりげなく、大げさではないところが緊張感を持って見られる秘訣だと思った。
何も起きないといえば起きない。
強くなるとは、1人になることなのか。

レイトショーで見たかった。

hilite0715
hilite0715さん / 2014年12月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

低温火傷的

人間のイヤーな部分、醜い部分、見たくない部分を戦時下という状況化で双子の兄弟の目線から描く。
こんな環境では、そりゃ無垢だった子供たちも荒んでいくのは無理ないですね。

静かに、淡々と、一見地味に描いているが、見事な演出と撮影で、ジワリジワリと悪意を炙り出していき、匠の技を感じます。

低温火傷的な作品です。結構好みですね。

ザキュー
ザキューさん / 2014年11月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

雰囲気悪い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 双子の少年が戦争時代をサバイバルするために、苦痛や空腹に耐えるための特訓をするというのがすごく面白いし、胸打つのだが、描写が非常に淡々としているためか、あんまりエキサイティングじゃない。フラットというか突き放した目線で描いているため、全然お涙ちょうだいではなく、応援したい気持ちにもあまりならなかった。

 子供の無知で、お姉さんを爆弾で殺しかけたりと残念な行動をとってしまうし、お婆さんともお互い心の通わせ方が下手すぎて、お互いつらそうだった。お父さんに見せるために日記をつけていたはずなのに、戦争から戻ったお父さんには全然なつかず日記もみせなかった。お父さんもお父さんでお婆さんにろくに挨拶せず感じが悪かった。あの国はそういうのが常識なのだろうか。「挨拶がない」と文句を言う場面はあったのだが、誰もまともな挨拶をしている場面がなかった。

 お婆さんの死に方がとても潔くてかっこよかった。

 となりの女の子が泥棒で三口で、レイプされて死んでしまうとか、行き倒れの人が後で凍死してるとか、非常に容赦ない描写はよかった。お父さんが地雷で死んでしまってその後双子が別々の方向に行く場面はうとうとした。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2014年11月22日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しく残酷な双子 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

何より双子が美しいです
瞳で全てを語ります
このストーリーが双子でなければ成り立たない理由はラストシーンで明らかになります

余りにも双子の発想が現実離れしていて正直共感は出来ません
でも、もしもこの世界の何処かにこの双子が実在したなら、全力で手を差し延べたくなってしまうでしょう
純真無垢だった双子を変えてしまったのは戦争であり大人です
この物語にまともな大人は僅かです

とても哀しい物語です
哀しい世界を生き抜く為に、親だけでなく双子の絆まで絶ってしまいます
非常に重く哀しいメッセージを秘めたこの映画、私はおすすめです

ヒカル
ヒカルさん / 2014年11月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どん底の映画

内容は、よしたださんという方のレビューが的確と思われ、そちらを読めば十分ですので、私は雑感のみ。

かなり暗い作品です。

原作の作家はとことんまで人間に絶望した方なんでしょうね。
ここまで落ち込む映画も久々です。

映画的につまらない、下手ということは全くなく、テンポも良くカットも凝っており、音響効果は素晴らしいです。

しかし、ラストも含めてあそこまで救いが無いとき、それでも人間に生きる意味はあるのでしょうか。

何があっても生き抜くという、ヨーロッパの特に厳しい環境からくる生存本能、個人主義の極北のような気がして、うすら寒い感じを受けました。

shadow-81
shadow-81さん / 2014年11月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラストの衝撃が凄い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

あらゆるシーンに衝撃をうけた。
戦争というものは、子どもが子供であることから乖離させてしまい、心を家族から分離させてしまうものなのだろうか。
あんなに慕っていた父母を、他人を見るような目で。

父母にとっては確かに「魔女」に魔法でもかけられたかのように、我が子が他人のように思えただろう。
戦争の捕虜から解き放たれて我が子に会えたその瞬間、一般の人が想像するような温かい抱擁というものが、双子にはなかった。

双子の預け先の、祖母による冷たい仕打ち。
残酷な虐待はなかったが、双子らは自ら様々な試練を課し、苦痛に耐えることで強くなろうとする。
その魂を削るような行為で、せっかく純粋だった心を、自ら穢していく様子が胸に痛い。

彼らの「正義」の定義は、シンプルで残酷だ。
盗みを働いたら女性であろうと容赦なく殴るし、優しくしてくれたユダヤ人を密告した女性にはひどい制裁を加える。

しかし、疎開中にそういった様々な人から学び取った善悪の指標は、そういった状況になる前に去ってしまった父母には適用されなくてもいいはずなのに、あの冷徹さは謎だ。疎開前は愛情たっぷりで中睦まじかった子供が、両親に対する無邪気な愛情を全く失ってしまった様子が、頭に疑問を、胸にしこりを残した。

父母と再会する時期が過酷すぎたということだろうか(おそらく1年ほどしか経っていない気がするが)。
戦時中そばにいなかったこと、それが罪とは言えるかもしれない。

更に加えれば、母親は結果的に、祖母のいう通り「牝豚」と呼ばれる行為をしていたわけだ。
祖母の家は自立して勝ち取った双子の砦であり、そこに見ず知らずの男性とその果実をもって現れた母親は、彼らにとって異物でしかなかったのかもしれない。

地雷原に追いやった父親の背中を踏みつける息子。
フィクションだから、というだけではやりきれない展開。
双子の世界には「何も期待するな」という標榜が掲げられ、二人で勝ち取ってきた世界しか価値あるものはない。
だからこそ、最後の別離にひどく衝撃をうけた。

「最後の訓練」。
冒頭で母親が話していた「双子は目立つ」という台詞が、彼らの頭によぎったのか。
それとも彼らにとって戦争はまだ終わらないものなか。
二人はどこへ行き着くのだろう…。
不穏な胸騒ぎだけを残して、映画は終わる。

この映画、最初は敵対していた祖母とまるで戦友のような情愛を交わしていたのが救いだった。

双子は素人だが、二人の出自の貧しさが造り出す剣呑とした雰囲気が、演技力の拙さを補ってあまりまると思う。
何か起こる度に不穏な響きを醸し出す銅鑼の音のような演出も良い。

REX
REXさん / 2014年11月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラストが予想できるのは残念だが

両親と別れ、熾烈な環境の中で強くなることを求める2人。中盤、2人がとあることで弱さを露呈してしまうシーンでラストの流れが普通に予想できてしまうのは残念だったけど、それでも強烈だった。正確にはその最後の試練のために払う犠牲が、ということだけど。

上手く言えないけど雰囲気作りが素晴らしいですよね。

えら
えらさん / 2014年11月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

隣の客に気分を削がれ… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

やっぱ1日やからかなぁ。隣の客が
エキセントリックな動きをするのでそっちにイライラした。おばさま勘弁してよね。
極めつけは、映画終了後に「ラストのシーンの意味がわからへんかってんけどどうゆうこと?なんかイマイチやったねぇ」って、あたしに聞くなー‼︎エンドロールあたりからひとりごとがとまらんし、もうまじきつかった…

映画はなかなか楽しめたです。
双子がうつくしかった。
双子の目には真実だけが映るといいますか、胡散臭い大人ばっかりでした。
きっとこの世は胡散臭い大人ばっかりですから、その世界への嘲りはあながち間違ってないです。

お風呂入れてくれたきれいなおねえさんの豹変したレイシスト言動に一番引きましたかね。

お母さんの別の男との子供抱いての再会もきついなぁと思いました。えー?お父さんがいない間に別の男ですか?って。

会話が続くと面倒だったので隣の客の質問には答えませんでしたが、ラストで二人が別れたのは精神を鍛える修行の一部だと思います。強くなるために彼らは別れたのでしょう。

だいず
だいずさん / 2014年11月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

終生忘れ得ぬ最高傑作

両親から離れ、つらく当たる祖母のきつい言葉やびんたや朝から晩まで、こき使われるつらい日々。痛みやつらさに負けてはいけないと双子の兄弟は思った。二人は互いに顔面や腹を殴り合ったり、互いにムチだかベルトだかで倒れるまで打ち続け、悲しみやつらさや痛さなど平気でいる訓練を毎日重ねる。

厳しい環境で過ごす日々ではあるが少女が出て来たり、年上のうら若き女性と裸で湯浴み(ゆあみ)をするシーンなどがあり作品を幅広い豊かなものとしている。主人公の双子の正面から目を見据える、にこりともしないゴルゴ13風の表情が作品を引き締めていて実によい。

それは、私にとって生きるための秘訣を教えてくれた作品である。
上映開始と共に映画の中に引き込まれ、映画であることを忘れさせ、実際のドキュメンタリー、実録映像のように感じながら、終了した。
私にとっては、生涯出会った中で最高の映画の一つになった。
この小説の作者には、三部作と言われる小説が3作品あるそうです。チャールズ・ディケンズが「大いなる遺産」だけでなく「荒涼館」などいくつか代表作の小説があるのと同じように、他の2作品も面白い小説なのであろう。

湯の香
湯の香さん / 2014年10月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

胸がつまるほどの衝撃!!傑作

原作を読んだのはずいぶん前で、
だいぶ内容は忘れていたおかげで(かろうじてうさぎっ子みたいな女の子は覚えてた)
話の展開に驚きの連続だった。

名作文学でこれほどまでに忠実に再現できた作品は他にあるだろうか。
作品のもつ独特な雰囲気を一切壊すことなく、
それどころか、映像化することによって、
想像を絶する恐怖を見るものに植えつけている。

何が怖いって、双子たちの“真実”を見つめる瞳、その姿勢に背筋が凍る。
子供たちを通して描かれる現実(大人)は残酷である。
しかし、それ以上に怖いのは、その現実を嘘偽りなく素直な目で見つめる子供たちだと思った。

彼らは残酷な現実に立ち向かうため、自らに試練を課していく。
その試練の先に待ち構えているものは、幸福でも不幸でもなく、
ただ、そこにある“現実”だけなのだ。

衝撃のラストは自分の目で確かめてみてほしい。

pullus
pullusさん / 2014年10月29日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

26件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi