アゲイン 28年目の甲子園のレビュー・感想・評価

アゲイン 28年目の甲子園

劇場公開日 2015年1月17日
42件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

重松清監督の作品も微妙なんだよな。

重松清監督の作品では今作は標準点かな。

sumomojam
sumomojamさん / 2017年11月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

様々な許しで氷が解けていく!!

丁寧な作りで面白かったです。日本人の感性に合った映画で、たくさん泣けました。色々書くと野暮になる気がします。中井貴一、波瑠を初めキャストの皆さんが素晴らしかったですが、門脇麦は「闇金ウシジマくん Part2」「太陽」「二重生活」など色々な映画で汚れ役のイメージが強すぎるので、娘役は違う方で観たかったです。公開当時は違うとはいえ、過去の名作も汚してしまうという事です。2回観ましたが、娘の心境の変化はわかりませんでした。

アンジェロ
アンジェロさん / 2017年2月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

中井貴一

中井貴一、いつもの雰囲気。
一球人魂。泣かすよね。

子ども堕ろすとかはこの映画に要らない。

残念。

あくまでも一球人魂でいって欲しかったなあ。

西国くん
西国くんさん / 2016年7月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作未読。

やっぱり重松清作品はいいなぁ。

海(カイ)
海(カイ)さん / 2016年5月19日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

君は、お父さんとキャッチボールしたことない? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「アゲイン 28年目の甲子園」(大森寿美男監督)から。
ストーリーは、だいたい想像がついてしまったけれど、
やっぱり、私は「野球」が題材の映画が好きだと、再認識した。
特に、基本中の基本と言われる「キャッチボール」は、
相手の胸をめがけて、取りやすいように投げるだけ。
これは「おもいやり」にも繋がる動作として、私は好きだ。
だから、元高校球児役の中井貴一さんが、主人公の女性に訊く、
「君は、お父さんとキャッチボールしたことない?」という台詞を
今回の「気になる一言」に選んでみた。
物語のラストで、元高校球児たちが、憧れの「甲子園」で、
「自分の大切な人とキャッチボールをする」シーンがある。
それは親であったり、妻であったり、子供でもよい。
この人とキャッチボールをしたいな、と思う人を選んで、
恥ずかしくて、なかなか言葉にできない「いつもありがとう」や
「あの時はごめんな」という気持ちを込めながら、
ただただ「キャッチボール」を何回もするのであるが、
それが、なぜか私の胸を打った。
経験のない人たちとのキャッチボールは危ない、と感じていたし、
どこへ投げてしまうか、それを私が捕れるか心配だったのだが、
そんなことは小さなことで、普段、会話の少ない大切な人と、
キャッチボールを通じて、気持ちを重ねることが大事だと知った。
どんなボールでも、心を広げて受け止め、相手には優しく投げ返す。
ただそれだけの行為が、相手との心のキャッチボールに繋がり、
次第に、お互いのわだかまりが解けていく、
私の涙が溢れた原因がここにあった気がする。
私は「キャッチボールするシーン」に弱いなと言うべきだろうか。

shimo
shimoさん / 2015年11月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

仲間と家族

この映画には、高校時代の野球仲間たちと、その家族が描かれているが、仲が悪かったり、心の傷になっていたりと、複雑だ。また、高校の時の出来事で、仲間はばらばらになっていた。
死後のハガキは、生前のやるせない気持ちを強く感じさせるけれど、その思いが、仲間をもう一度集めて、前に向かう原動力になった。
生前も野球とともにあり、不幸ではなかったことに安堵した。

由由
由由さん / 2015年8月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ミニレビュー

邦画らしい良い作品。

あのキャッチボールは反則だな。もう涙がブワッと出た。

ドキュメンタリー風な撮影もなかなか良いね。中井貴一の自然な熱い演技もとても良い。

マスターズ甲子園…良い企画だ。

作品に向き合うゆき平
作品に向き合うゆき平さん / 2015年8月2日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣けました

素敵な映画でした。
見てよかった~

ゴン×1
ゴン×1さん / 2015年7月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もう一度、甲子園行こうぜ!

高校球児OBたちが“マスターズ甲子園”でかつて夢見た甲子園を目指す。
予告編の印象じゃステレオタイプの映画かなと思ったら、思ってた以上になかなかいい!
監督は大森寿美男。以前にもスポーツ×ヒューマンドラマの好編「風が強く吹いている」を手掛けているのだから、つまらない訳はない!

元高校球児・坂町の元に、マスターズ甲子園のボランティアスタッフ・美枝が訪ねてくる。美枝の父と坂町はかつての球児仲間だった。美枝はマスターズ甲子園への参加を誘うが、坂町は拒否する。甲子園を目前にしながらも絶たれた苦い過去があり、その原因は美枝の父にあった…。

一度失われた夢を取り戻す事は出来ないが、あの頃の輝きや興奮を甦らす事は出来る。
再び、奮闘する姿を熱く爽やかに描く。
クライマックスの試合での彼らはいい顔をし、生き生きとしている。
球児の心はいつまでも忘れない。

…が、ここまで来るのに波乱続き。
美枝の父へのわだかまりは未だ消えない。
中にはプロへの道も絶たれ、今の冴えない現状をずっとそのせいにし続けている。美枝にも厳しい言葉を浴びせてしまう。
当事者から真実が語られる。
何故あんな事件を起こしたのか。
長い歳月を経て、仲間の姿と思いを知る…。

坂町は娘と絶縁状態。
娘と会ってもぎこちなく、娘は他人行儀のように敬語で話す。
試合後、大切な人とするキャッチボール。
坂町は娘に甲子園の観戦とキャッチボールを誘う。
果たしてそこに、娘の姿は…?

中井貴一、柳葉敏郎、和久井映見ら実力派が味のある好演。
オジサン連中の中で、清涼剤のような波瑠が可愛い。

仲間との絆、親子愛、相手チームとの正々堂々のスポーツマン・シップ…。
ベタでご都合主義な点もあるが、丁寧に描かれ好感。

あの頃の夢へ向かって…
大人の為の青春映画。

近大
近大さん / 2015年7月15日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

波状攻撃キター(^^;; ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

中井貴一、和久井映見( ^ω^ )
若い頃をバリバリ知っている同世代です。

30年近く前に残した禍根が、だんだん晴れていく。。切れたと思っていた絆が、実は切れていなくて、そこには信頼と愛情が確かに眠っていた お話。。

飛行機で見たので、ウッと来る波状攻撃に耐える感じ。ボロボロ泣いたらカッコ悪いじゃん(≧∇≦)

いい話だったです( ^ω^ )

DOA
DOAさん / 2015年5月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

浜省

の新曲聴きたさだけのはずが、思わず良作(笑)
麦さんに感銘

yoobun
yoobunさん / 2015年5月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動(;_;)

私が小4のとき、父がマスターズ甲子園に出ました。高校生のとき辛い経験した父が最高な舞台で投手として活躍してる姿を見て私も野球頑張ろーと思いました!現在、父は野球をいまだにやっていますw私はソフトをやってます。だから、この映画をみて、自分たちに当てはまる部分が多くて感動して泣けてきました

sky ✈️
sky ✈️さん / 2015年3月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ドラマ。。

このイベント自体がすごいですな。
マスターズ甲子園。

kenz-ki
kenz-kiさん / 2015年3月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

時間と想い

泣かされると分かってながら泣くのは案外気持ちの良いものですね。
事件に関しては和久井さんと言うこともありなのか、感情が今一つ入り込めませんでしたが、西岡さんが要所要所で、おいしいOB(笑)
気負わずユッタリ付き合えました♪

lynx09b
lynx09bさん / 2015年2月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣けた!

日本映画で久々に泣けました。親子、家族、仲間との葛藤、ストーリーが良く描かれています。見終えたあとスッキリしました。

tomokamo31
tomokamo31さん / 2015年2月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

泣けた

昨年まで高校球児の子の母でしたのでかなり感情移入できて見れました。
甲子園めざしての球児達が仲間による不祥事でその道を絶たれてしまったら、、。またその道を絶ってしまった本人になってしまったら。そんな事もたまにニュースで聞くからあるものですものね。
長年の恨みの真相は仲間を守るための言動だった、とは。
中井貴一と柳葉敏郎がとてもよかった!
何遍も涙流してエンディングはほぼ声押し殺しての号泣状態。見てよかった!

ミツマメ
ミツマメさん / 2015年2月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

予想通りの展開だが楽しめる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

暴力事件で予選決勝を辞退した元高校球児がマスターズ甲子園を目指す物語です。過去の暴力事件によるわだかまりや、現在の各人の家族を巡る葛藤がマスターズ甲子園を通じて解消され絆を取り戻すあたりは予想通りのストーリー展開ですが、丁寧に作られていて楽しめました。

ZEP
ZEPさん / 2015年2月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一球人球(泣ける作品) ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

浜田省吾さんのファンで主題歌されると聞いて聴きにいたのですが、これほど良い作品とは思いませんでした。
一人になってしまった信さんはどういう思いで20数年を過ごしてきたのでしょうそれを思うと悲しい作品
一方で壊れてしまった家族の絆を取り戻す過程を描いた作品

もうあの頃には帰れないけど止まってしまっていた時を再び動かすきっかけにはなったのかなと
甲子園でのキャッチボール憧れます

それにしても中井貴一さんはどんな役をやられても感動させてくれる方だなと
作品がびっしと締まる感じがします。

とやひろ
とやひろさん / 2015年2月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

良い話でした

失った何かを簡単には取り戻せないし、取り戻せたとしても、その時に得られていないと意味がないかも知れないけど、諦めずに取り戻そうとする過程に意味があるのかも知れない。
そんな風に感じた映画でしたが、涙腺が緩むことはなかった…。

kawauso
kawausoさん / 2015年2月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

高校生にも響いた!

初投稿です。母の影響で、浜田省吾さんのファンになり、主題歌を歌われているという事で、母と観に行きました。(高3女子です)
作品のタイトルに「甲子園」とついているので、野球メインの話なのかなと思っていましたが、野球やスポーツについてよく分からない人でも、直ぐに話に入り込む事が出来ました。
登場人物一人一人が個性豊かで、みなさん素敵でした。特に、中井貴一さんと、柳葉敏郎さんがとってもカッコ良かったです♡波瑠さんのピュアで真っ直ぐな演技にも引き込まれました。
劇中に流れていた梁さんの音楽も、とても素敵で切なくて、ウットリしました。
画質が粗いというレビューが何件かありましたが、あれは物語に合わせて、あえてあの様な手法にしたのだなと感じました。
「負けるならちゃんと負けて、次に進む。」一番このセリフが、胸に熱いものがグッと込み上げてきました。人生の教訓だと思います。
あっという間の2時間半で、上映中3~5回くらい自然と涙が溢れました。
そして、やはり極めつけは最後の浜田さんの主題歌!
浜田さんの優しい声と、メロディーに心がしんみりと、温かくなりました。
これは個人的な意見ですが、この作品の連ドラバージョンも見てみたい気がします(1話目 柳葉さんのエピソード、2話目 メタボ親子さんのエピソードのような感じで・・T○Sの日曜劇場とかだったら最高です!なんて思ったり(笑)
思わずクスッと笑ってしまうようなシーンもあり、心温まる映画です。
一番最初のシーン”一球「人」魂”が後に、あれほど感動的な場面に結び付いた事には、離れていても親子愛の深さを感じ、号泣しました。
この作品を観て、色々な事を考えさせられました。
今まで、「負ける」という事には、悪いイメージしかなかったのですが、負ける事も大切、それを次にどう繋げていけば良いのか、という事を学びました。道徳の授業になりました。
野球っていいな、仲間っていいな、家族っていいなぁ・・・。
もう1度観に行きたいです!(作品のタイトルならぬ「アゲイン~2回目の映画館」)

ぽんちゃん
ぽんちゃんさん / 2015年1月31日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

42件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi