夢で逢えたら(2001)
ホーム > 作品情報 > 映画「夢で逢えたら(2001)」
メニュー

夢で逢えたら(2001)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

夢のような空間の中で、少年と少女の出会いと別れを、科白を排して描いた短篇ドラマ。監督は「のんきな姉さん」の七里圭。撮影を『新任女刑務官 檻の中の花芯』の高橋哲也が担当している。主演は、「SF Short Films/仲良き事は良きことかな」の安妙子と映画初出演の大友三郎。尚、本作は「のんきな姉さん」と同時公開された。2001年製作。

ストーリー

バスで眠っているうちに、よく知っているような、全く知らないような街に辿り着いた少年は、そこでひとりの少女に出会う。少女は彼をよく知っていて、彼女の部屋で面倒をみてくれるが、彼に記憶はない。その夜、少年は熱を出し寝込んだ。気づくと、彼はまたバスの中にいるが、そんな彼を残し、少女はバスを降りて行く。...

スタッフ

監督
プロデューサー
磯見俊裕
竹平時夫
撮影
高橋哲也
音楽
侘美秀俊
編集
宮島竜治
スクリプター
田口良子
その他
白取貢
岡瀬晶彦

キャスト

作品データ

製作年 2001年
製作国 日本
配給 スローラーナー
上映時間 20分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi