菜の花
ホーム > 作品情報 > 映画「菜の花」
メニュー

菜の花

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

刑事の職を投げ打って被差別部落研究、部落開放運動に身を投じた実在の人物をモデルに、彼の足跡を記録とドラマの両面から描いた作品。大正9年に福岡県で生まれ、朝鮮総督府の巡査を経て福岡県警の刑事となった故・松崎武俊氏が被差別部落史研究にひかれてゆく姿を通して、同和問題を正面から扱った劇映画スタイルの文化映画である。松崎刑事は在職中に、ある傷害事件で逮捕した青年が被差別部落出身者であることを知り、青年の境遇を知るうちにそれまで無知だった被差別部落問題に目覚めていく。彼はやがて刑事を辞めて被差別部落史研究に没頭し、のちの被差別部落研究、部落開放運動に新たな一石を投じた存在となった。人生の後半にして被差別部落問題にのめり込んだ主人公の気持ちの移り変わりをじっくりと描いた好篇。監督は瀬木直貴。主演の松崎氏を演じるのは中西和久。郷土史研究の仲間に常田富士男がふんしている。96年度キネマ旬報文化映画ベストテン第8位。

スタッフ

監督
脚本
桜井さと実
プロデューサー
長江俊介
撮影
竹内実
照明
奥村誠

キャスト

作品データ

製作年 1996年
製作国 日本

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi