私らしく泳ぐために
ホーム > 作品情報 > 映画「私らしく泳ぐために」
メニュー

私らしく泳ぐために

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

若くして乳癌に犯されてしまった女性の愛と苦悩を描いたドラマ。日本映画学校92年度卒業制作作品。「チャンス・コール」(小沼雄一)、「妻はフィリピーナ」(寺田靖範)と共に、「Made in満福寺撮影所(日本映画学校)羽ばたけ、問題児たち」と題された上映会にて公開された。16ミリ。

ストーリー

彼女は、スイミングクラブのインストラクター。数日前から乳房にしこりがあるのを気にしていた彼女は、それが悪性の癌であるとの診断をうける。しかも、彼女の恋人でトラックの運転手であるタモツとも、そのことが原因で疎遠になった。乳房を除去する手術を受けることを決心した彼女は、乳房のあるうちにとウエディング・ドレス姿やヌードの写真を撮影し、手術へと臨む。手術後、故郷に戻った彼女は、放射線治療をうけながら地元のスイミングクラブでインストラクターをしていた。ある日、自分の過ちに気づいたタモツが、彼女を追ってやって来る。しかし、彼女はその手術跡をタモツに見せ、胸も二人の関係も元には戻らないことを告げると、ひとり浜辺を歩いて行くのだった。...

スタッフ

監督
脚本
内川文
製作総指揮
武田一成

キャスト

作品データ

製作年 1995年
製作国 日本
配給 日本映画学校=文芸坐
上映時間 50分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi