女の決闘
ホーム > 作品情報 > 映画「女の決闘」
メニュー

女の決闘

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

日米映画が警視庁と協力して製作する“犯罪捜査シリーズ”の第九作。西沢治のオリジナルを金子敏が監督したもの。

ストーリー

銀座のナイトクラブの踊り子が深夜の倉庫街で殺された。荒木・若月両刑事は捜査を始めた。三矢倉庫の守衛・辻は現場に女がいたと証言した。被害者はその姉と「銀座情報」の岡という男をめぐって三角関係にあり、しかも岡を中にミス・ジャパンの座を争っていたという。辻は姉・織江が被害者を狙いうちしたといった。--岡が何者かに殺された。現場に織江から電話がかかってきた。「女だって拳銃を射てるのよ、復讐する方法も知っているのよ」しかし、すでに織江は逮捕されてい、取調べを受けていた。彼女の話--妹はミス・ジャパンに入選したとき、岡と知り合ったが、だまされ、彼ら一味になぶりものにされた。その時のフィルムをネタにゆすられていた。織江は妹のため買いもどそうとしたが果さず、殺して取ろうと拳銃買った。それを知った妹は無断で岡のところへ行き、警察への密告を条件に、事件の夜現場のフィルムを受取る約束をしたのだ。織江が現場に駈けつけたときには遅かった。妹は辻に射殺されていた。争っていると岡が現れ、辻を連れ去った。--この話にもとづいて、辻が逮捕され、事件の黒幕が判った。岡の上役、赤沢がすべてを運んだのだ。岡を殺したのも彼だ。三矢倉庫から山のようなフィルムとテープが出てきた。その中に織江の声が録音されたテープもあった。例の織江が現場に電話をかけてきた怪事件は、彼女が岡にいったことばを赤沢が録音し、そのテープを使って、彼女に罪をかぶせようとしたのであることが知れたのだ。...

スタッフ

監督
脚本
西沢治
製作
松丸青史
撮影
田地野万三
録音
目黒スタジオ
照明
沼倉良夫

キャスト

作品データ

製作年 1959年
製作国 アメリカ・日本合作
配給 新東宝
上映時間 45分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi