天竜しぶき笠
ホーム > 作品情報 > 映画「天竜しぶき笠」
メニュー

天竜しぶき笠

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「忠臣蔵(1958)」の共同脚本を執筆した渡辺邦男と松村正温のオリジナル・シナリオを、「忠臣蔵(1958)」の渡辺邦男が監督する股旅映画。撮影も同じく「忠臣蔵(1958)」の渡辺孝。主演は「忠臣蔵(1958)」の鶴田浩二、山本富士子、梅若正二。岩井半四郎、浜世津子、美川純子、清水元らが助演。色彩は大映カラー。

ストーリー

伊那の春祭り、悪貸元黒岳の万蔵一家をこらしめた中乗りの新三は、筏流しの組頭である叔父儀平からほめられ、三年前万蔵に殺された橋場の貸元の息子春太郎を、弟分にとたのまれた。春太郎の姉おみねは、新三に、弟のやくざ渡世をやめさせようとするが、はやくも春太郎は昔の乾分半次と、二代目橋場一家の名乗りをあげてしまう。これにいんねんをつける黒岳一家を、いい度胸でさばいたのがおみねである。その頃、黒岳の飯場でこき使われる作業員達が、儀平をしたって逃げて来るが、儀平はすっかり堅気になった新三を自分の跡継ぎと考え、娘お花は春太郎の嫁にと考えていた。ところがある日、半次と黒岳一家の喧嘩がおこり、半次は連れ去られてしまった。飛び出した春太郎を必死で押えるおみね、そこに現れたのは、やくざ姿の新三であった。彼は一路黒岳一家の本拠へ、親分万蔵をねじふせて、半次をうばい返す。苦しまぎれの万蔵は、自分の妾お滝と新三の仲を疑い、新三を色事師と罵るが、これに答えた新三の言葉は、おれの惚れたのはおみねだ、という一言であった。そのうち、黒岳一家の材木横流しの悪事が公儀に知れ、役人が乗り込んで来る。万蔵は儀平を殺し、彼の筏を流してしまおうと、新三、儀平に鉄砲を擬する。一方黒岳の用心棒玄八郎たちは、春太郎とおみねを襲い、今や彼等が危険に瀕した時飛び込んで来た新三、おみねを横抱きにして筏に飛びのろうとする玄八郎を倒し、二人は手をとりあって流れる筏に身をたくす。...

スタッフ

監督
脚本
渡辺邦男
松村正温
企画
浅井昭三郎
製作
永田雅一
撮影
渡辺孝
美術
上里義三
音楽
山田栄一
録音
大角正夫
照明
伊藤貞一
編集
宮田味津三

キャスト

作品データ

製作年 1958年
製作国 日本
上映時間 86分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

昭和残侠伝 破れ傘[DVD] 黄金の犬[DVD] 独立プロ名画特選 日の果て[DVD] 忠臣蔵[DVD]
昭和残侠伝 破れ傘[DVD] 黄金の犬[DVD] 独立プロ名画特選 日の果て[DVD] 忠臣蔵[DVD]
発売日:2014年3月14日 最安価格: ¥2,361 発売日:2008年3月28日 最安価格: ¥4,104 発売日:2013年8月24日 最安価格: ¥2,462 発売日:2004年12月10日 最安価格: ¥5,076
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi