阿波狸変化騒動
ホーム > 作品情報 > 映画「阿波狸変化騒動」
メニュー

阿波狸変化騒動

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

林音弥の小説の泉所載の原作を、「妖蛇荘の魔王」の赤坂長義が脚色し、「関八州喧嘩陣」のコンビ毛利正樹が監督、友成達雄が撮影した諷刺娯楽篇。出演は「毒婦高橋お伝」の明智十三郎、「戦雲アジアの女王」の古川緑波、松浦浪路、田原知佐子、丹波哲郎、城実穂、坊屋三郎など。

ストーリー

昔、狸ありけり。場所は阿波国日開野。金長という名の男伊達狸であった。人間に生捕りになったが、大和屋染物店の主人茂右衛門と娘お雪とに救われた。その恩返しに、破産しかけた大和屋を繁昌させてやった。彼が町中の人に衣類を染物に出させるよう仕向けたからである。一年後、金長狸は四国の狸の総元締である津田浦の太郎右衛門のもとへ武者修業に行くことにした。大和屋のお守りは眷族に命じ、藤の木寺の鷹狸を連れて出発した。太郎右衛門は金長と讃岐の大津の松兵衛狸との術比べを入門の条件にした。金長はまんまと松兵衛をだまし、その手並みに感心した元締は、彼を客分として扱い、正一位の位を授けた。津田の四天王の一人小太郎は元締が金長を一人娘の小桜姫狸の婿にして跡目を継がせようと思っているのを知り、面白くなかった。彼が小桜姫をおびきだした時、金長は彼女を救った。元締が正式に申出たのを、金長は大和屋守護の義理があるからと断った。小太郎は元締に金長が謀叛を図っているのだとざん言し、元締もそれを本気にした。或る夜、小太郎は元締と金長の宿を襲い、元締と金長の子分鷹狸を殺した。金長は傷だらけになり、阿波へ逃げ帰った。こうして、阿波方と徳島方に分れて、四国中の狸が戦端を開くことになった。金長は得意の葬式の術を使って、小太郎勢を急襲し小太郎を倒した。大乱戦の中を、大和屋茂右衛門が駈けつけ、和睦をすすめた。人間でさえ、戦争反対などといっているのに--。阿波には再び平和がやってきた。金長狸は小桜姫の婿となり、四国の狸世界の元締として平和維持に尽力したという。...

スタッフ

監督
脚色
赤坂長義
原作
林音弥
企画
小野沢寛
製作
大蔵貢
撮影
友成達雄
美術
宮沢計次
音楽
橋本力
録音
泉田正雄
照明
関川次郎

キャスト

作品データ

製作年 1958年
製作国 日本
上映時間 77分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi