姫君剣法 謎の紫頭巾
ホーム > 作品情報 > 映画「姫君剣法 謎の紫頭巾」
メニュー

姫君剣法 謎の紫頭巾

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

“大衆小説”所載浜田裕輔原作“謎の白狐仮面”より、「鉄血の魂」の内田弘三が脚色し、「新・己が罪」の毛利正樹が監督する遠山金さん捕物帖。撮影は「妖雲里見快挙伝・前後篇」の山中晋。主な出演者は「妖雲里見快挙伝・前後篇」の宇治みさ子、若山富三郎、「桂小五郎と近藤勇 竜虎の決戦」の筑紫あけみ、「おしゃべり社長」の本郷秀雄、ほかに阿部九洲男、小倉繁など。

ストーリー

徳川十一代家斉の治世。江戸に娘殺しの事件が続発、その顔には白狐の面がかぶせてあるという奇怪さ。家斉は町奉行を督励し事件解決に努める。男まさりの松平咲耶姫は事件の核心を掴もうと腐心する中、浅草奥山の見世物小屋近くで、巾着切仙太郎がスッた財布の中に、会合場所を指定した奇妙な紙片を発見する。だが察知した賊は手掛りを残さない。数日後、娘誘拐事件が突発。賊の消えたあとには水野出羽守の駕篭しか認められなかった。卍と記した脅迫状にも姫はたじろがないが、出羽守と逢った現場をじっと見つめる紫頭巾の怪漢がいた。一方、白狐教の本拠では幕府転覆のため兵学者杉山蘭堂の強力火薬を入手しようと企む。これを知った姫は卍組一味に囲まれるが紫頭巾に救われる。数日後、軽業娘お美代から卍組がもと寺社奉行神谷竹翁の生命を狙うと聞いた姫は、彼等が豊臣の残党と知る。誘拐されたお美代を救う咲耶姫の前に又もや紫頭巾の姿。お遊びはお止め下さい、というが姫は拒絶する。だが変装して敵地に乗込むや正体を見破られてしまう。姫に迫る白狐仮面の男。その腰には老中水野の紋所。首領は正しく水野出羽守と判ったが落し穴に姫は陥ってしまう。だが紫頭巾の助けで牢を脱出し、力を合せて出羽守を捕えることに成功する。紫頭巾の正体こそは北町奉行遠山金四郎。白狐教を利用し幕府を乗取ろうとした出羽の陰謀はここに壊滅。お賞めの言葉を与える家斉は、この二人を、似合いの夫婦とひやかしていた。...

スタッフ

監督
脚色
内田弘三
原作
浜田裕輔
製作
岡本良介
撮影
山中晋
美術
黒沢治安
音楽
別宮貞雄
録音
村山絢二
照明
折茂重男

キャスト

作品データ

製作年 1957年
製作国 日本
上映時間 71分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi