お母さんの黒板
ホーム > 作品情報 > 映画「お母さんの黒板」
メニュー

お母さんの黒板

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

小田和夫と土井行夫の放送劇を「飛竜の門」の共同脚色者の一人、津路嘉郎が脚色、「母性日記」のコンビ、佐々木啓祐が監督、鶴見正二が撮影を担当した主なる出演者は「不良少年の母」の望月優子、「白い橋」の古賀さと子、「子供の眼」の設楽幸嗣、「二等兵物語」の幾野道子、「裏町のお嬢さん」の坂本武など。

ストーリー

数年前夫に先立たれた望月直子は今年中学を出る長女の幸子をはじめ、隆一、拓次、三郎、鈴子の五人の子供をかかえ、町工場の福祉課に勤めながらささやかな暮しを続けていた。それぞれ帰りのちがう一家の連絡の役目を果すのは台所にかけられた小さな黒板であった。助役の上田は何かにつけて直子につらく当った。そんな時きまって助け舟を出してくれるのは町長だった。ある日、直子に再婚話が持ち上った。幸子は最初反対だったが、母の生活の苦しさをきき、弟妹達そろって相手の年寄りの和尚さんのところに見合いに行った。帰って来てから、実は見合いだったときかされた四人の子供達は揃って反対をした。子供達が亡くなった父の面影をまだ忘れないからだと知った直子は一生独身で通す決心をした。直子はそのうち肺炎になったが子供達の看病で回復した。やがて春のお彼岸が来た。父親のお墓参りに子供達は病み上りの母親をリヤカーに乗せて出発した。墓地前のにぬかづきながら、直子は母の幸福を胸一ぱいに感じるのであった。...

スタッフ

監督
脚色
津路嘉郎
原作
小田和夫
土井行夫
製作
保住一之助
撮影
鶴見正二
美術
木村芳男
音楽
奥村一
録音
熊谷宏
照明
豊島良三

キャスト

作品データ

製作年 1956年
製作国 日本
上映時間 60分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

木下惠介 DVD-BOX 第3集[DVD] 木下惠介生誕100年 夕やけ雲[DVD] 日本の悲劇[DVD] 木下惠介生誕100年 楢山節考[DVD]
木下惠介 DVD-BOX 第3集[DVD] 木下惠介生誕100年 夕やけ雲[DVD] 日本の悲劇[DVD] 木下惠介生誕100年 楢山節考[DVD]
発売日:2005年5月28日 最安価格: ¥36,000 発売日:2012年9月26日 最安価格: ¥1,990 発売日:2006年6月24日 最安価格: ¥3,283 発売日:2012年8月29日 最安価格: ¥1,990
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi