第8監房
ホーム > 作品情報 > 映画「第8監房」
メニュー

第8監房

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

雑誌『小説倶楽部』所載の柴田錬三郎の小説を「顔役 (ボス)」の共同脚色者の一人白石五郎が脚色し、「花真珠」の阿部豊が監督、「自分の穴の中で」の峰重義が撮影を担当した。主なる出演者は「顔役 (ボス)」の三橋達也、「乳房よ永遠なれ」の月丘夢路、「続・警察日記」の河野秋武、「裏町のお転婆娘」の内海突破、俳優座の山岡比佐乃など。

ストーリー

建築工務店主の高森七郎は、盛り場に巣食う金平組の政を正当防衛から短刀で刺し、暫く大阪に身を隠していたが再び東京へ戻って来た。マーケットの建築代金を催促するためバーに金平親分を訪ねた高森は、そこで働く黒田美智を知った。彼女こそ比島戦線で部隊を救うために高森が手にかけた黒田中隊長の妻であったのだ。あれから十年、わが手にかけた中隊長の遺品を届けて詫びねばと探す人が、明日釈放される政の女になっていると知り、彼は感慨無量だった。美智のあとをつけた高森は遺品を渡したうえ、黒田の墓に詣でたが、自分が殺したと打ち明けることが出来ず、美智もやさしい高森の言葉に心の動揺を覚えた。翌日、刑務所を出た政は美智の心変りを知って高森を襲うが、駈けつけた美智は足許のピストルを拾うと、夢中で政を射った。自首するという美智を抑えて、高森は刑事にひかれて行った。第8監房に移された高森はかつての部下だった手塚看守から、美智が金平組に追われ、陸橋から落ちて瀕死の重傷を負ったことを聞いた。手塚は検事の調べが始まる二時に帰るようにといって、高森を非常口から脱走させた。だが、飛ぶ思いで病院に駈け入ったとき、美智は息を引とったあとであった。高森は亡骸に縋って泣いた。約束の二時、手塚が気を揉んでいると、高森はよろめきながら帰って来た。美智を臨終まで看病した親友の由美と、殺人の現場を目撃した女の証言で高森は無罪釈放になった。美智を失った悲しさに、高森は悄然と雑沓の中に消えた。...

スタッフ

監督
脚色
白石五郎
原作
柴田錬三郎
製作
柳川武夫
撮影
峰重義
美術
木村威夫
音楽
佐藤勝
録音
沼倉範夫
照明
森年男

キャスト

作品データ

原題 Cell No.8
製作年 1956年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 89分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi