サラリーマン 目白三平
ホーム > 作品情報 > 映画「サラリーマン 目白三平」
メニュー

サラリーマン 目白三平

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ニッポン放送で連続放送された中村武志の原作を、「幸福を配達する娘」の井手俊郎が脚色、「女給」の千葉泰樹が監督する。撮影も「女給」の西川庄衛で、音楽は「愛と死の谷間」の芥川也寸志の担当。出演者は「月は上りぬ」の笠智衆、「おふくろ(1955)」の望月優子、「百面童子」の東千代之介、「坊っちゃん記者」の小林桂樹、「石松と女石松」の堀雄二、「女給」の三笠博子、日野明子、星美智子、「血槍富士」の田代百合子、「姉妹(1955)」の中原ひとみなど。

ストーリー

二十数年国鉄本庁に勤める目白三平は、機関紙の編輯に熱心である。雨洩りするような家に住みながら、奥さんの文子や子供達と共になごやかな家庭を営んでいた。ある晩三平の家に、ビール会社に勤める村上の訪問を受けたが、村上が懇意にしている靴屋の娘敏子に彼を紹介し靴を注文させようとしたので、彼はそれをきき入れて頼みつけの靴屋をやめてそこに変えた。だが出来た靴はダブダブで、もう一度手を加えていると結局高い値についてしまった。三平は毎朝飲みに行くコーヒー店の三姉妹(1955)の愛想のよさに、血圧や白髪を忘れるほどの嬉しさを感じていた。又昼休みには八重洲口の名店街を見物するのが習慣だったが、ある時洋服屋のネクタイコンクールに投票したのが一等に当選し、ショウ・ウィンドウに名前が掲げられた。だが折角の賞金も同僚や近所の人々にたかられて、結局気の好い三平の手元には一銭も入らずに終ってしまうのだった。その頃村上の勤めるビール会社主催の舞踊の招待券をもらって、三平は一家揃って出掛けて行ったが、其処では羨ましいほど親しそうな村上と敏子が観覧していた。やがて春も過ぎ暑い気候になったが、文子の希望で貯金していた金で畳を入れかえた。掃除も済んだ後、村上も交えた食卓には二本のビールが並び、乾杯しながら村上は恥ずかしそうに敏子との仲介を頼むのであった。それを素直に受ける三平夫婦の表情も希望に燃えて明るかった。...

スタッフ

監督
脚色
井手俊郎
原作
中村武志
企画
藤本真澄
金子正且
斎藤安代
製作
大川博
撮影
西川庄衛
美術
田辺達
音楽
芥川也寸志
録音
大谷政信
照明
銀屋謙蔵

キャスト

作品データ

製作年 1955年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 92分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「サラリーマン 目白三平」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi