名探偵明智小五郎シリーズ 青銅の魔人 第一部
ホーム > 作品情報 > 映画「名探偵明智小五郎シリーズ 青銅の魔人 第一部」
メニュー

名探偵明智小五郎シリーズ 青銅の魔人 第一部

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「怪人二十面相」に次ぐシリーズ作で、原作、脚色、撮影共に同一スタッフ。監督は「三羽烏奮戦す」の穂積利昌。「大学は出たけれど」の諸角啓二郎と中村俊介、こけし座の高山武男のほか主要キャストも同じである。

ストーリー

深夜の銀座で巨大な青銅の魔人が時計店の鉄扉を破り、懐中時計を盗んだ。そして連日、骨とう価値のある外国時計が盗まれた。水野元侯爵家の帝王の夜光と呼ばれる南蛮渡来の家宝の時計も狙われ、青銅の魔人はテレビに像を見せ、時計を渡さないと夫人の命はないと脅迫する。水野は明智を訪れて出動を頼む。明智はその時計の裏から一枚のセーム皮を取出した。それはウラニューム鉱の秘密地図で、あとの半分が水野家のどこかにある筈だという。明智と中村課長は青銅の魔人は二十面相だと推定する。その夜、予告の時間に魔人は現れた。少年探偵団の小林と昌一はこれを発見して直ちに明智らに連絡した。一同が駈けつけた時、すでに魔人は水野をとらえて倉の中に入れていた。危機は刻々とせまり、水野の叫び声が聞えてくる。...

スタッフ

監督
脚色
小川正
原作
江戸川乱歩
製作
細谷辰雄
撮影
長岡博之
美術
木村芳男
音楽
万城目正
録音
新楠元
照明
小泉喜代司

キャスト

作品データ

製作年 1954年
製作国 日本
上映時間 32分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi