悲恋まむろ川
ホーム > 作品情報 > 映画「悲恋まむろ川」
メニュー

悲恋まむろ川

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「此村大吉」の村山俊郎の脚本を「青空浪人」の萩原章が監督し、「剣侠江戸紫」の河崎喜久三が撮影する。主なる出演者は「大岡政談・妖棋伝 (前篇) 白蝋の仮面」の大谷友右衛門、「鶴亀先生」の花井蘭子、「芸者秀駒」の美雪節子、「恐怖のカービン銃」の天知茂、「慟哭」でデビューした阿部寿美子が新東宝入社第一回として登場するほか、「石中先生行状記 青春無銭旅行」の相馬千恵子、「次郎長三国志 完結 荒神山」の阿部九洲男などである。

ストーリー

羽前金山奉行大星軍太夫は、洞窟内で秘密に製作した金の仏像を横領しようと企んでいた。その片捧をかつぐのは人夫頭の甚五郎である。作業員たちは危険な坑内でこき使われていた。出稼ぎの女等がお六に連れられて山へ来たが、その中のお咲に軍太夫は目をつけた。彼女が甚五郎の乾分に襲われた時、それを助けたのは飯場で働くやくざ上りの新三郎であった。それが縁で二人は愛しあう仲となったが、お咲の父善吉は新三郎がやくざと知って二人の仲を許さない。女たちが泊る万年屋には小間物行商人の清吉が時おりやって来た。女だてらにサイをふるお京は彼にぞっこん惚れこんでいた。そこへ新しい奉行が赴任すると聞いて、軍太夫は甚五郎に新奉行を山道で襲撃するよう命じた。この企みを新三郎から聞いたお京は、何かを決意して駕篭を走らせた。崖の上から銃口が火をふき、お京は新奉行の身代りとなって転げ出た。失敗した軍太夫のもとへ一人の武士がかけより、上意によって彼を捕えた。意外やその武士こそ小間物屋清吉こと新奉行福島右近であった。お京は右近に抱かれて死に、新三郎とお咲の仲も結ばれた。...

スタッフ

監督
脚本
村山俊郎
企画
伊藤基彦
撮影
河崎喜久三
美術
梶由造
音楽
服部正
録音
片岡造
照明
矢口明

キャスト

作品データ

製作年 1954年
製作国 日本
上映時間 87分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi