人生劇場 望郷篇 三州吉良港
ホーム > 作品情報 > 映画「人生劇場 望郷篇 三州吉良港」
メニュー

人生劇場 望郷篇 三州吉良港

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

尾崎士郎原作の『人生劇場』戦後篇で、脚本は岡本功司、監督は「黄金街の覇者」の萩原遼、撮影は「懐しのメロディー」の永塚一栄。出演者は「どぶ」の宇野重吉、「その後のウッカリ夫人とチャッカリ夫人」の佐野周二と久慈あさみ、「二挺拳銃の龍」の宇佐美諄、「芸者秀駒」の利根はる恵、「黄金街の覇者」の堀雄二に小沢栄、月形哲之介、折原啓子、田代百合子、高木二朗、長谷川菊子など。

ストーリー

昭和二十一年、青成瓢吉の故郷三州吉良港には、昔の仁侠の気ッ腑は失われていた。吉良常は亡く、足助一家も無いに等しくYS連盟が、暴利を漁り、暴力を握っていた。八幡宮の祭の日、村娘加代を谷口、赤井、満川達が連盟の暴力から救った事から、不良勢力に対する抗争が起った。谷口が叩きのめされたので、赤井と満川が連盟員を不意討ちした。怒った連盟に対し、赤井等は呑み込みの半助の知恵で足助親分の助けを求めた。連盟は足助一家に果し状を送った。足助一家は飛車角の弟分で、おとよとの恋のために国を去った宮川が帰って来たのを頼りに、起ち上ったが、連盟がそれを暴力主義として警察に訴えた為に、苦境に追い込まれた。宮川は浅草の侠宮立川半兵衛に助けを求め、二人は瓢吉を尋ねた。足助一家は吉良の仁吉の比翼塚を建てるために勢揃いした、という口実を裏づける為に、瓢吉は吉良へ行った。しかし、村民が比翼塚建立に反対したので、足助一家の情勢は好転しなかった。宮川は止めるおとよの手を振り切って、一人で連盟本部へ行き、首領木戸と対決した。命を賭けた宮川の努力の下に連盟は破れ去った。半兵衛の熱意に動かされた村民の後援で、比翼塚建立式が開かれた。吉良を愛する瓢吉、足助、半助、谷口、加代達の後に立つ宮川とおとよの手が固く結ばれた。...

スタッフ

監督
脚本
岡本功司
原作
尾崎士郎
企画
マキノ光雄
柴田万三
加藤邁
撮影
永塚一栄
美術
森幹男
音楽
伊福部昭
録音
大谷政信
照明
伊藤ケイ市

キャスト

作品データ

製作年 1954年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 107分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

独立プロ名画特選 人間の壁[DVD] 黒部の太陽 【通常版】[DVD] 裕次郎“夢の箱”-ドリームボックス-[Blu-ray/ブルーレイ] 西鶴一代女[DVD]
独立プロ名画特選 人間の壁[DVD] 黒部の太陽 【通常版】[DVD] 裕次郎“夢の箱”-ドリームボックス-[Blu-ray/ブルーレイ] 西鶴一代女[DVD]
発売日:2013年5月25日 最安価格: ¥3,201 発売日:2013年3月20日 最安価格: ¥3,172 発売日:2013年3月20日 最安価格: ¥20,362 発売日:2006年9月22日 最安価格: ¥3,759
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi