母の名は
ホーム > 作品情報 > 映画「母の名は」
メニュー

母の名は

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

平林丸夫の製作になる新興映画。田口登志雄の脚本を往年の松竹監督近藤勝彦が監督している。出演者は「唐人お吉」の朝霧鏡子、「妻恋黒田節」の宗方規子などである。

ストーリー

冬の日ざしもうららかな午後。母親加代はルミ子にせがまれて動物園を散策したり、似顔絵屋に描いて貰ったりして行楽の一日を過すが、帰途五年前妹のふじ枝に妊娠させたまま行方不明になっていた与太者村岡にルミ子を奪われた。村岡はルミ子をふじ枝の子供だと思ってしたのであるが、実はルミ子は加代の兄が富豪の夫人秋子から托されたのを恩師の招きに応じフランスへ行くべく、再度二人の姉妹に托した子供だった。一方、夫に死に別れた秋子はほくろを頼りに我が子を探し求めていた。隅然の機会で知り合った似顔絵描きの章三は、秋子の旅館で昼間描いたルミ子の面彰を描いて見せる。果して秋子の求めていた子供だった。丁度その頃同じ旅館に、呼び寄せられたふじ枝とルミ子が村岡に監禁されていた。隙を窺って逃げだしたルミ子を背負い、逃げ出したふじ枝はばったり秋子と章三に会った。秋子とルミ子の涙の対面に感動した加代は、将来の為にとルミ子を秋子に返した。しかしルミ子は再び帰って来た。どうしても加代の許に帰るというルミ子の為に、秋子はルミを諦めて北海道へ帰る。加代はルミ子を連れて上野へ急ぐが、発車には間に合わなかった。加代はルミ子に青森行の列車の通る陸橋の上からお母さんと呼んであげてと言い聞かせた。轟々たる列車の響の中へルミ子は精一杯の声でお母さんと叫んだ。...

スタッフ

監督
脚本
田口登志雄
企画
高梨康司
田林弘次
製作
平林丸夫
撮影
富沢恒夫

キャスト

作品データ

製作年 1954年
製作国 日本

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi