真珠母
ホーム > 作品情報 > 映画「真珠母」
メニュー

真珠母

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

林芙美子の原作を「姉妹(1953)」の橋田寿賀子が脚色、「女性の声」の堀口真直が監督にあたった。「次男坊」の西川亨が撮影を、「落葉日記」の奥村一が音楽を担当している。「女性の声」の水原真知子、「女だけの心」の若杉英二、「新東京行進曲」の淡路恵子、三橋達也、映画復帰、第一回の三谷幸子などが出演する。

ストーリー

夫の中共引揚げを待つ雪子は、娘景子を田舎に預け、東京の知人勝又家に身をよせて働いていたが、田舎の母は病死し、夫は収容所で病死の報せを受けた。一時は自殺を覚悟した雪子は、景子のために生きる決心をして、娘を手もとに引きとった。芳則は雪子に同情するうち次第に恋心を抱くようになり、そのため結婚問題で母親ふじと衝突する。雪子は自ら身をひいて勝又家を去り、未亡人厚生寮に住みこんだ。然しここは搾取する一方で、頭の辰は一文の金も支払わないので、雪子は職と住居を求めて区役所、都庁、児童福祉局を訪ねたか、どこも誠意がなく、ついに浮浪者収容所に入れられた。食うにも困った彼女は、もはや娘のため夜の女になろうとしたが、旧友で今は夜の姐御に転じた春代に救われ、その下宿に同居することになった。下宿の主人敬太郎はチンドン屋で、雪子は足を洗った春代と共にその仕事を手伝うことになった。近所に住む富裕な松本夫妻は景子を見て養女に欲しいと申出た。一度は断ったものの娘の幸せのため、ついに景子を手離したが、淋しさにたえきれず酒の酔を求めるようになった雪子は、一夜狂気のように家をかけ出して松本家へ向った。その途中彼女は喀血におそわれ、トラックに衝突して命を失った。...

スタッフ

脚色
堀内真直
原作
林芙美子
製作
山口松三郎
撮影
西川亨
美術
逆井清一郎
音楽
奥村一
録音
小尾幸魚
照明
磯野春雄

キャスト

作品データ

製作年 1953年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 97分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi