列車大襲撃(1964)
ホーム > 作品情報 > 映画「列車大襲撃(1964)」
メニュー

列車大襲撃(1964)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「成熟する季節」の池田一朗のオリジナル・シナリオを、「やくざの歌」の若林幹が監督したアクション・ドラマ。撮影は「昭和侠客伝」の山沢義一。

ストーリー

インテリやくざの村松は銀行襲撃の計画をたてた。銀行は寄田町にある上州銀行で、金庫には一億五千万の金がねむっている。メンバーは、安川、近藤、小野、島村、沖田、江川、ハッパの八名決行日は寄田町で開催される鬼丸組の大博打の日。金庫を破り、博打場の美也田旅館に運ぶ、その前に島村が同形のトランク二個を終列車のチッキに出す。それを追って村松の情婦弘美が二個のトランクをチッキにして出す。そして車掌を買収して四ツのトランクをすりかえ札束入りのトランクは無傷で東京駅着。しかし弘美はこの大計画の録音テープを、ひそかに思いを寄せる利根に聞かせた利根は、サラリーマン、医者、教授という素人ギャングをつくりあげ、銀行ギャング団の金を横取りしようとした。綿密な計画のあと、弘美の情報で銀行襲撃の日時をキャッチした。横取組の秘かな監視の内、一億五千万は終列車の荷物車の中に納ったが、横取組の計画通り、札束はそっくり用意されたガソリンカーに移された。弘美の裏切りを知った村松は、利根を捕え非情なリンチを加えた。一方横取組は利根の生命を救うため、一億五千万の返却をきめた。真夜中、多摩川土堤での交換の場で、横取組の胸の中に去来したのは、平凡なサラリーマン生活から抜け出したスリルに満ちた日々の出来事であった。しかしその瞬間、狂気のように走った江川は、ガソリンカーに車を突進させ一億五千万を火中に消夫させた。虚しい空白が、多摩川を流れていった。...

スタッフ

監督
脚本
池田一朗
企画
園田実彦
撮影
山沢義一
美術
北川弘
音楽
吉野実
録音
渡辺義夫
照明
銀屋謙蔵
編集
鈴木寛
スチール
遠藤努

キャスト

作品データ

製作年 1964年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 85分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi