閉店時間
ホーム > 作品情報 > 映画「閉店時間」
メニュー

閉店時間

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

読売新聞連載有吉佐和子の原作から「うるさい妹たち」の白坂依志夫が脚色、「黒蜥蜴(1962)」の井上梅次が監督したB・Gもの。撮影もコンビの中川芳久。

ストーリー

紀美子、節子、サユリの三人は、同じ高校から東京デパートへ入社した仲良しだ。紀美子は呉服売場、節子は食料品売場、サユリはエレベーターと三人とも職場は違うが、短かい休憩時間を利用してはお互の悩みを話し合うのだった。真面目だが勝気な紀美子は女性は男性と対等でなければならないと信じている。だから新入社員の生方誠が、ことごとに女性を軽蔑したそぶりを見せるのが我慢出来ない。紀美子は何かと生方に対立するが、いつしか恋に発展して行った。一方、節子はいたって家庭的な女の子、生活の充実を漠然と求めて働いているうちに食品会社の出張社員竹井と知り合うようになった。今時珍らしいほど堅実な青年である竹井を節子はだんだん好きになった。だが、食品売場の主任はこの二人の仲を良く思わなかった。問屋の店員とデパートの売子が交際するのはいけないというのだ。何かにつけ竹井に言いがかりをつける主任をみると、節子は、憤りを感じないわけにはいかなかった。エレベーター係のサユリは恋愛を自由に楽しむ主義、閉店時間になると派手な化粧をして夜の街へとび出すのだ。そのうち彼女は宣伝部の畠と知り合った。妻子のいる彼と恋を楽しむサユリ、だが、そんな彼女でもふっと淋しくなることがあった。やがて畠は彼女に内証で姿を消した。派手好きなサユリはもうデパートにいやけがさし、とうとうバーにくらがえしてしまった。節子は主任にいじめられながらも、竹井をかばい、二人の健康な家庭を築こうと未来に夢をはせるのだった。また、紀美子と生方はけんかしながらも相手の良さを知るようになり、売場主任の仲人で結婚することになった。あわただしい閉店時間、彼女たちはそれぞれの生活へと解放されて散っていくのだ。...

スタッフ

監督
脚色
白坂依志夫
原作
有吉佐和子
企画
藤井浩明
撮影
中川芳久
美術
間野重雄
音楽
中村八大
録音
橋本国雄
照明
久保田行一
編集
鈴木東陽
スチル
椎名勇

キャスト

作品データ

製作年 1962年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 99分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

DVD・ブルーレイ

朱雀門[DVD] 忠臣蔵[DVD] 処刑の部屋[DVD] からっ風野郎[DVD]
朱雀門[DVD] 忠臣蔵[DVD] 処刑の部屋[DVD] からっ風野郎[DVD]
発売日:2014年12月19日 最安価格: ¥2,000 発売日:2004年12月10日 最安価格: ¥5,076 発売日:2015年9月25日 最安価格: ¥2,000 発売日:2014年8月29日 最安価格: ¥2,000
Powered by 価格.com

他のユーザーは「閉店時間」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi