雨のヘッドライト
ホーム > 作品情報 > 映画「雨のヘッドライト」
メニュー

雨のヘッドライト

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ストーリー

夜霧の東名高速道路を今日も定期便トラックのヘッドライトが近ずいては消えて行った。名古屋の近くのドライブインに働く沢野マキは、その魅力的な若い肢体をドライバー達にふりまいていた。ある日、主人の木川は、客のいないのをチャンスとばかりマキを無理矢理引きたおし抱きしめた。しかし、マキは、ブラウスを破かれたが店を突び出し、丁度居あわせた顔なじみの運転手静原征二にひろわれた。征二の車で、結婚を誓っている東京の小島の家を訪ずれたマキを迎えたのは、意外にも小島の妻ミツエであった。愕然と立ちつくすマキ。しかし征二の親身になってマキを思ってくれる好意に応え、もう一度やり直す決心をする。やがて征二とマキは、自然に結ばれるのだった。ところが、二人の関係は、征二の妻ヤスヨに発覚するところとなった。マキは、征二の家庭を考え、後髪をひかれる思いで征二の前から姿を消した。ヤスヨとの離婚を決意した征二は血眼になってマキの行方を捜し廻ったが、運転手仲間からマキによく似た娘が豊橋にいることを聞きこみ、すぐにかけつけた。そこはある農家だった。しかし、そこの主人はマキが少し前交通事故で死んだことを涙ながらに告げるのだった。...

スタッフ

監督
脚本
はたの三郎
企画
松岡明
撮影
安藤庄平
美術
若松正雄
音楽
小杉太一郎
録音
福島信雅
照明
高島正博
編集
辻井正則
助監督
俣野敏男
スチール
浅石靖

キャスト

作品データ

製作年 1972年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 67分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi