めくらのお市 命貰います
ホーム > 作品情報 > 映画「めくらのお市 命貰います」
メニュー

めくらのお市 命貰います

劇場公開日

解説

「極悪坊主 念仏三段斬り」の高田宏治が脚本を書き、「栄光の黒豹」の市村泰一が監督したシリーズ第四作。撮影は同作の小杉正雄が担当。

ストーリー

悪代官吉沢伊織と町娘志保の婚礼に、志保の身替りとなったお市は、代官役人を斬ったことで、お尋ね者になった。町々に貼られたお市の似顔絵と立札を見て、賞金稼ぎの浪人が見逃すわけはなく、唐わたりの大極拳法の使い手源坊丈海、分銅鎮の使い手野呂甚兵衛、医者くずれで手裏剣の名手法師三九郎の三人がお市の後を追う。お市は漁港福田村に入った。この村はお上の命で五百石船が着ける港に改築されようとしており、十手御用を預る灘万は伊織と組んで、亀長たち漁民に立ち退きを迫っていた。この悪らつ極まる無法ぶりを知ったお市は漁民を救うべく行動を開始するが、待ち構えていた賞金稼ぎたちに襲われた。だが三九郎だけは人助けのために姿を現わしたお市を捕えては男がすたると彼女をかばうのだった。実は三九郎はこの漁村の生まれで金と身分のなさから医者の資格がとれず、身を持ちくずしていたのだ。一度は灘万の十手から亀長と娘お半に救われたものの、お市は遂に、三人の賞金稼ぎに捕えられ、彼らに情報を売る男トゲ熊とともにある野小屋で夜をあかす。だが、お市にほどこす三九郎の親切がもとで、仲間割れ、丈海は三九郎に、甚兵衛はお市にそれぞれ殺された。一方、刺客・相良兵衛をやとったものの、兵衛の身勝手からまたもや、お市に逃げられた灘万は、お市の仕込杖で亀長を刺した。せっかくの志も、逆目と出て、恩人殺しの汚名をきせられたお市は悲嘆にくれた。さらに三九郎も灘万の追手に殺された。明けてお市は仇を討つべく灘万一家に乗り込み、悪を葬った。...

スタッフ

監督
脚本
高田宏治
原作
棚下照生
製作
猪股尭
撮影
小杉正雄
美術
梅田千代夫
音楽
渡辺岳夫
録音
平松時夫
編集
大沢しづ
スチール
佐々木千栄治

キャスト

作品データ

原題 Crimson Bat-Oichi:Wanted,Dead or Alive
製作年 1970年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 87分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「めくらのお市 命貰います」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi