人魚がくれたさくら貝
ホーム > 作品情報 > 映画「人魚がくれたさくら貝」
メニュー

人魚がくれたさくら貝

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

海に近い田舎の祖母の家で夏休みを過ごした都会の少女が織りなす、夢と冒険のひと夏の出来事を描く。長崎源之助の同名の児童小説の映画化で、脚本は「あすも夕やけ」の松田昭三、監督は「マヨコに雪が降る」の安作郎、撮影は杉田安久利がそれぞれ担当。

ストーリー

京都に近い日本海に面した小さな村にいるおばあちゃんのところへ、東京から夏休みを過ごしに、小学校四年の幸子は一人で向った。紺碧の海、澄んだ空、光輝く白い砂浜、都会にはない自然がその村は溢れている。幸子はすぐに地元の少年たちと親しくなり、中でも足の悪い哲治少年とは、幸子が仲間はずれの彼をかばったことから、特に親しくなった。ある日、ボートで海に出た幸子たちは、高波に遭って船が転覆してしまい、彼女は海の底へ。幸子は意識を失い、夢を見た。人魚が現われ哲治の方へ引っ張っていくのだ。意識が戻ると、彼女は泳ぎ上手の哲治に助けられたことに気づく。だが人魚のことが忘れられない。数日後、見知らぬ美しい女性が現われ、幸子が欲しがっていたさくら貝を置いていった。幸子は思った。人魚に違いない。その人は、哲治の別居中の母で、幸子のためにようやくさくら貝を探しだしたのにプレゼントできずにいる哲治を見て、内緒に持ち出し、渡してやったのだ。夏が終り、別れの日が来た。幸子が人魚がくれたさくら貝のことを話すと、哲治の心の中は幸せに満たされた。黙って野花をつんで幸子にささげる哲治に、幸子は彼の頬にキスをすると、後も見ずにかけだして行った。「さよなら!」幸子の澄んだ声が砂浜にこだまする。あっけにとられていた哲治の胸に、やがて素晴しい感動がこみあげてきた。...

スタッフ

監督
脚本
松田昭三
原作
長崎源之助
製作
能登節雄
遠藤雅也
撮影
杉田安久利
美術
小林正義
音楽
久石譲
録音
東京映画映像室
照明
藤山弘明
編集
雑賀道子
助監督
小松崎和男
スチル
小松崎和男

キャスト

作品データ

製作年 1980年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 67分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi