宇能鴻一郎の看護婦寮日記
ホーム > 作品情報 > 映画「宇能鴻一郎の看護婦寮日記」
メニュー

宇能鴻一郎の看護婦寮日記

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

男子禁制の白い天使の館、看護婦寮に珍入した“赤い強姦魔”の大騒動を描くピンクコメディ。宇能鴻一郎の『日刊ゲンダイ』に連載された原作をもとに脚本は宮下教雄、監督は「おんなの寝室 好きくらべ」の白鳥信一、撮影は「修道女 濡れ縄ざんげ」の水野尾信正がそれぞれ担当。

ストーリー

看護学院を出たばかりの彼女は、寮に帰るとオールドミスの先輩にいじめられる毎日を送っている。その日も、風呂場で先輩たちにお仕置を受けているとそこへ泥棒が入って来た。風呂場を覗いていた警官の銭形がやって来たときには、泥棒は既に逃げたあと。彼女はパンティを、先輩たちは愛用の電動コケシを盗まれた。銭形によると、パンティを盗まれた女は必ず強姦されると言う。そして人はその泥棒を“赤い強姦魔”と呼ぶ。その日から、彼女には周囲の人がみな“赤い強姦魔”に見えてくる。病院の方は相変わらず忙がしい。診察台の上で若い男性の患者と、気持よさそうに治療する女先生。若先生のマザコンを直そうと、院長先生は彼女をベッドに大股開きで縛りつけると、若先生はガ然ハッスル。実はマザコンは、医者になりたくないための嘘だったのだ。ある日彼女は人工受精の精液を盗まれてしまった。彼女はなんとか都合をつけようと、ボイラーマンの善さんにたのんだ。彼女が後ろを向いていると、善さんはコンドームを取りだした。超LLサイズの赤いコンドームだ。太くてキツーイ一発に彼女は失神してしまい善さんが“赤い強姦魔”とは気がつかない。そのあと、銭形が善さんを追ったが見つからない。彼女は善さんの赤いコンドームを今も待っている。...

スタッフ

監督
脚本
宮下教雄
原作
宇能鴻一郎
企画
村井良雄
製作
三浦朗
制作補
岩見良二
美術
菊川芳江
音楽
藤田哲哉
録音
福島信雅
照明
小林秀之
編集
山田真司
助監督
岡本孝二
スチール
井本俊康

キャスト

作品データ

製作年 1979年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 67分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi