生贄の女たち
ホーム > 作品情報 > 映画「生贄の女たち」
メニュー

生贄の女たち

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

幼少時の交通事故の後遺症で性植器の成長が止まり、悩んでいた男が、手術で機能を回復し、騒動をひきおこす。脚本は「16歳・妖精の部屋」の佐治乾と「性愛占星術 SEX味くらべ」の山本晋也の共同執筆、監督は山本晋也、撮影は「蛇と女奴隷」の鈴木史郎がそれぞれ担当。

ストーリー

アメリカ国防省戦略兵器研究所の研究員ハリーは日本女性の彩子と結婚したものの、幼少時の交通事故の後遺症で、性的な成長が止まり、悩んでいた。彩子の助言で日本にやって来たハリーは、彩子の母、とみ子の紹介で外科手術の権威者である井筒教授を尋ねた。教授から他人の性権器を移植する事を進められハリーは戸惑うが、彩子との結婚生活を考えたハリーは手術を決意し、早速入院する。世界でも例をみない性楯器の移植手術は成功し、翌朝目をさましたハリーに、喜びの顔が戻った。一刻も早く彩子を喜ばせようとハリーは彼女の居るホテルに行くが、彩子を目の前にすると、性楯器が自分の意のままにならない事に気付いたハリーは、再び病院を尋ねる。その頃病院内では、性植器提供者である故人の知り合いというギャング団が、ハリーの性植器をめぐって大騒動を展開していた。しかし、急を聞いてかけつけた井筒教授の証言で性植器提供者が人違いとわかる。そして、ギャング団はその場で警察に逮捕された。また、ハリーと彩いの間に起きていた悩みも、教授のアドバイスで何とか解消されるのだった。...

スタッフ

監督
脚本
佐治乾
山本晋也
原案
田中陽造
企画
黒澤満
伊地智啓
向井寛城
撮影
鈴木史郎
音楽
芥川隆
録音
宮田利明
照明
斉藤正明
編集
田中修
製作担当
小椋正彦
助監督
高橋芳郎
加茂田好史
スチル
関谷嘉明

キャスト

作品データ

製作年 1978年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 82分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi