北斗の拳(1986)
ホーム > 作品情報 > 映画「北斗の拳(1986)」
メニュー

北斗の拳(1986)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

恋人を宿敵に奪いとられた男が、恋人を探し求める旅を続けながら、極悪非道の悪党たちと闘う姿を描く。『週刊少年ジャンプ』に連載中の武論尊、原哲夫原作の同名漫画のアニメ化で、脚本は高久進、監督は「吸血鬼ハンターD」の芦田豊雄がそれぞれ担当。主題歌は、KODOMO BAND(「ハート・オブ・マッドネス」)。

ストーリー

核による世紀末戦争のため、近代文明は崩壊。この時代は、人間が自己そのものを武器とする、バイオレンスの時代だった。一子相伝の暗殺拳、北斗神拳の伝承者ケンシロウは、先代リュウケンの養子(四男)だが、同じく養子の長男ラオウ、三男ジャギを抑えて伝承者に選ばれていた。彼には南斗聖拳の流れをくむユリアという美しい恋人がいた。ユリアに横恋慕する南斗の男シンは、まだ未熟なケンシロウを痛めつけ、彼女を奪い去ってしまった。この闘いでケンシロウの胸には無惨な七つの傷あとが残された。この様子を見ていたラオウとジャギ。ジャギはラオウの許しを得て、ケンシロウを谷底へ突き落とし、自ら北斗神拳の伝承者と名のった。そして、ラオウは世紀末世界の覇者となることを誓う。それからX年。戦争で両親を失った孤児、バットとリンは怪物のような男に救けられた。その男こそ、復讐心に燃えて死の淵から甦ったケンシロウだった。やがてケンシロウは、南斗水鳥拳の使い手レイと出会う。レイは胸に七つの傷を持つ男に妹アイリをさらわれ、ケンシロウを犯人でないかと疑う。実はジャギが、ケンシロウの名を語って悪業をかさねているのだった。ケンシロウとレイはジャギの居城へ踏み込み、ジャギを倒した。そこへ後を追って来たリンとバットが着く。彼らはジャギから聞き出した、ユリアのいるサザンクロスの街を目指した。それを知ったシンは、ユリアとの婚礼の準備を始めた。ユリアは監禁されている塔から抜け出したが、今や拳王と名乗るラオウに捕えられた。シンを倒し、ユリアがラオウの手におちたことを聞かされたケンシロウは、ラオウの住むカサンドラの街へと向かった。ユリアを見つけたレイはラオウにむかい、南斗究極の必殺技をくり出す。リンの心の叫びを聞きつけ、ケンシロウが駆けつけるが、一足遅く、ラオウの指はレイの胸をつらぬいた。ケンシロウとラオウの対決の時が来た。ラオウの闘気にはじきとばされてしまうケンシロウ。だが、ラオウがリュウケンを殺したのは自分であると告げた時、彼の怒りは頂点に達した。二人の闘気がぶつかり、その波動はビルをゆるがし地面を割った。ケンシロウとラオウは、血まみれになりながら死闘を続ける。ラオウが倒れたケンシロウの頭を踏みつぶそうとした瞬間、リンが闘気とは異なるオーラを身につけて近づいてきた。殺し合いを止めるよう懇願するリン。ラオウは「この拳王を追っていたのはお前だったのか。早く大きくなれ」と謎めいた言葉をリンに残し、立ち去った。ケンシロウもまた、闘いの混乱のさなかに、行方のわからなくたったユリアを求めて旅立った。...

スタッフ

監督
脚本
高久進
原作
武論尊
原哲夫
製作総指揮
今田智憲
企画
有賀健
高見義雄
作画監督
須田正己
撮影監督
細田民男
美術監督
田中資幸
音楽
服部克久
主題歌
KODOMO BAND
録音
花井正明
今関種吉
編集
花井正明
今関種吉

キャスト(出演(声))

作品データ

製作年 1986年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 110分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「北斗の拳(1986)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi