痴漢通勤バス
ホーム > 作品情報 > 映画「痴漢通勤バス」
メニュー

痴漢通勤バス

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

オサワリバスのバスガイドを中心に、三億円事件の犯人と刑事たちの繰り広げる騒動を描く。脚本は「痴漢保健室」の高木功、監督も同作の滝田洋二郎、撮影は志賀葉一がそれぞれ担当。

ストーリー

バス会社の営業所長、熊田は、経営不振打開のため“おさわりバス”をはじめ、高橋マコはそのバスガイドになった。ある日、元刑事の薩摩平八は十七年前の三億円事件の犯人、俊藤喜一を、ついに追いつめた。逃げる喜一が飛び乗ったバスがおさわりバスで、マコや中国の人民バス公社からの研修生、郎平がお色気サービスをしているところだった。ア然とする喜一。一方、平八はバスをタクシーで追うが、その運転手、山崎文治が現金輸送車の運転手だったことが分かり、二人は喜一を捕えることを誓う。ところが喜一は久々のセックスで心臓発作、マコに三億円のありかが隠されたビデオを渡すと息を引き取った。平八と文治はマコのビデオを追う。マコは喜一とウリ二つの一人息子、秋夫と出会い、テープの謎を究明しようとする。文治と平八は郎平を誘拐すると、彼女とビデオの交換を要求した。そして、ビデオをめぐって、晴海埠頭でカーチェイス、平八と文治の車は海へ転落してしまう。秋夫は三億円が死んだ母の墓にあることをつきとめ、国に帰る郎平に旧札の一万円30枚をプレゼントした。マコと秋夫が金の使いみちを相談しているとき、郎平は旧礼をニセ札と思い怒って、三億円、全て焼いてしまうのだった。...

スタッフ

監督
脚本
高木功
企画
奥村幸士
撮影
志賀葉一
録音
銀座サウンド
照明
吉角荘介
編集
酒井正次
助監督
佐藤寿保
スチール
津田一郎

キャスト

作品データ

製作年 1985年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 62分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「痴漢通勤バス」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi