SF新世紀 レンズマンのレビュー・感想・評価

SF新世紀 レンズマン

劇場公開日 1984年7月7日
2件を表示 映画レビューを書く

映像は今見ても素晴らしい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

小学校の頃に小説を読んでいて、TV版は何話か視聴した記憶があります。
映画版は今回初めて見ました。
制作費12億、セル枚数7万枚。
アニメパートは滑らかな動きでスピード感があり、AKIRAなどの作品に劣らない豪華さです。一方でCGはワイヤーフレーム中心の今見ると古典的なものですが、SF作品としては違和感がなく今見るとかえって新鮮かもしれません。

一方、シナリオ面はあっさりしていてあまり評価すべき内容がない。
主人公キムボール・キニスンが住む惑星ムケイエに、ボスコーンを倒すための情報を得て逃亡中のレンズマンを乗せたブリタニア号が漂着。キニスンは彼から(前述の情報の入った)レンズを託されレンズマンとなります。ボスコーンに追われつつも銀河パトロール隊に情報を届けるため仲間たちと逃亡を続け、最後はレンズの力であっさりボスを倒して終わりというものです。

ブリタニア号は見た目とてもかっこよく書かれているのに、あっさり自爆させられたりとても不遇。
映像が素晴らしい一方、アニメーターの自慰行為的なシーンが多く、もう少しコンパクトにできたのではという印象も。
実はアメリカ初上陸したアニメ映画らしいですが、英語字幕のせいで受けなかったとか。なんで吹き替えにしなかったんだろう? そもそもアメリカ産の小説なんだから吹き替えにすればそれなりにヒットしたはずだと思うのですが。

まあ色々書きましたが、ALFEEの主題歌もバッチリはまって映像作品としての質は高いので一見の価値はあるかと。

てぃーろっく
てぃーろっくさん / 2017年11月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

レビュー無いよね

そもそも今はどうやったら観られるんだろう
レンズマンは原作が大好きで何回も読みました
そのレンズマンがアニメ化されるという事で
映画館で観ました
この映画はレンズマンじゃない
スター・ウォーズを作りたくなった人が名前だけ借りてやらかした映画です
たしか少年誌でも連載があって
そっちもわけがわからないアレンジ加えててイライラしました

スノークの息子
スノークの息子さん / 2017年10月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi