ロリコンハウス おしめりジュンコ
ホーム > 作品情報 > 映画「ロリコンハウス おしめりジュンコ」
メニュー

ロリコンハウス おしめりジュンコ

劇場公開日

解説

父親の浮気から愛人バンクに登録し、変態中年オジンたちと快楽の世界に溺れる女子高生の姿を描く。脚本は「ピンクカット 太く愛して深く愛して」の木村智美、監督は「団鬼六 少女木馬責め」の加藤文彦、撮影は「少女暴行事件 赤い靴」の野田悌男がそれぞれ担当。

ストーリー

高校生の山崎純子は、父親が友人の妻と駆け落ちし、母も愛想をつかして出てしまって、マンションに一人で住んでいる。寂しい日々を送る純子は愛人バンク「ロリコンハウス」に登録し、中年男たちの愛人となる。純子はパパ族のなすがままにされ、激しい求めにもひるむことなく太股開き、フェラチオ、69など高校生とは思えない大胆さでお客を満足させていた。その帰り、純子は補導員に連行されてしまい、身元引受人に、父と逃げた女、久美子の夫である田島を指名し、迎えに来てもらう。純子の父、山崎は仕事もしないでブラブラしており、久美子はペットショップで働き、足りない生活費は田島の預金を引き出していた。純子は父のアパートを訪ねるが、久美子と仲良く自転車に乗る姿を見て声もかけずに帰ってしまう。その日、純子の部屋に田島がやって来ると、山崎と久美子のアパートを見つけたので一緒に行ってほしいと言う。純子は田島に父のアパートを知られたくないと思っており、結局、田島もその部屋が見つけられず、ヤケになった田島は飲めない酒で酔い、純子はそんな彼を優しく抱いてあげる。数日後、田島はまだ久美子に未練があり、彼はついに久美子を見つけるが、彼女は銀行のキャッシュカードを置いて立ち去っていく。そして、久美子は山崎に心中しようと迫るが、彼はまるで相手にせず、彼女の気持ちは急速に冷えてしまう。数日後、純子と田島は山崎と久美子のアパートを訪ねる。久美子はその場で田口と体を重ねるが、その行為に山崎は動じる様子もなく、そんな態度に純子は怒り、目前でオナニーを始める。歪む顔にひと筋の涙が光る。翌日、元気なセーラー服の高校生に戻った純子が、駅の改札口を走り抜けていった。...

スタッフ

監督
脚本
木村智美
企画
進藤貴美男
栗原いそみ
プロデューサー
斉藤信幸
撮影
野田悌男
美術
斉藤岩男
録音
酒匂芳郎
照明
矢部一男
編集
奥原好幸
選曲
佐藤富士男
助監督
村上修
スチール
井本俊康

キャスト

作品データ

製作年 1983年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 67分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画