あんねの日記(1983)
ホーム > 作品情報 > 映画「あんねの日記(1983)」
メニュー

あんねの日記(1983)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

少女から大人に移りつつある娘の姿を描く。脚本は「ピンクカット 太く愛して深く愛して」の木村智美、監督は北畑泰啓、撮影は「宇能鴻一郎の姉妹理容室」の森勝がそれぞれ担当。

ストーリー

ブティックに勤めるみやは同僚の由子と同居しており、五郎というボーイフレンドがいる。由子は自分の店を持つ資金のために、数人の男と金でセックスをしている。みやは友人の父である売れない画家のモデルをやるが、嫌らしいことをしようとするので逃げだした。しかし、五郎と由子が関係していることを知り、みやはヤケになってヌードモデルになった。そして、酔って帰ると、五郎と由子が絡み合っており、みやは由子を追い出すと、五郎を受け入れる。数日後、みやは失望感からある北国の海岸にやってきた。彼女の頬に一節の涙がつたわるが、ふと微笑えむと決意をしたように歩みだすのだった。...

スタッフ

監督
脚本
木村智美
企画
成田尚哉
プロデューサー
細越省吾
撮影
森勝
美術
後藤修孝
録音
福島信雅
照明
野口素胖
編集
川島章正
選曲
佐藤富士男
助監督
児玉高志
スチール
目黒祐司

キャスト

作品データ

製作年 1983年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 66分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「あんねの日記(1983)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi