おんな6丁目 蜜の味
ホーム > 作品情報 > 映画「おんな6丁目 蜜の味」
メニュー

おんな6丁目 蜜の味

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

銀座のクラブを切り盛りするママと、ライバルの店主たちの姿を描く。銀座のクラブ『順子』のママ田村順子の原作『おんな6丁目』『おんな6丁目夜の仮面』の映画化で、脚本は多村映美、監督はピンク映画出身の向井寛、撮影は鈴木史郎がそれぞれ担当。

ストーリー

ネオンきらめく銀座の街で、クラブ“亜矢子”の七周年記念が盛大に催されていた。亜矢子のために各界から有名人が集まり、パトロンの久松幸蔵の姿もあった。一方、執拗に亜矢子を面罵する“パピヨン”のママ蕗子の酔い乱れた顔も見える。翌日、蕗子はビルから飛び降りて自殺した。客集めに高い女の子を集めて、経営に失敗した蕗子の姿は、華やかさと紙一重の銀座の厳しい姿を象徴している。ある日、亜矢子は原宿で若い娘、久美を見出し、銀座の水に引き入れた。そんな時、久松が死んだ。久松の遺言で、店は亜矢子のものになり、久松の息子の孝史から権利書が手渡された。最初はわだかまりのあった亜矢子と孝史だが、やがて二人は愛し合うようになる。一方、ホステスとして頭角をあらわしはじめた久美は孝史に惹かれ、誘惑するが反対に傷ついてしまう。そして、久美はしコード会社の福井に接近し、レコードを出すと、予想以上に素質のあった彼女の歌は大ヒットとなる。同業のかほるや令子のさまざまな妨害にもめげず、亜矢子の店は着着と伸びていった。逆にかほるの店は、得意先の汚職にまきこまれて、店の権利書を差し押えられてしまう。銀座の地図が変ろうとしている。亜矢子は銀座の慣例になっている十二月の恒例銀座まつりのまとめ役に選ばれた。それは銀座のクラブ界のナンバーワンに亜矢子が登りつめたことを意味していた。...

スタッフ

監督
脚本
多村映美
原作
田村順子
企画
吉田達
プロデューサー
佐野日出男
稲葉清治
撮影
鈴木史郎
美術
今保太郎
録音
川島一郎
照明
増川弘邦
編集
田中修
助監督
片岡修二
道木広志
スチール
加藤光男

キャスト

作品データ

製作年 1982年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 94分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi