世界の空軍 AIR FORCE'82 ドッグ・ファイト
ホーム > 作品情報 > 映画「世界の空軍 AIR FORCE'82 ドッグ・ファイト」
メニュー

世界の空軍 AIR FORCE'82 ドッグ・ファイト

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

Fー15イーグルを中心に各国主力最新鋭ジェット戦闘機をあらゆる角度から研究、空中戦の歴史を描く。監督は河辺和夫が担当。

ストーリー

戦闘機のパイロットたちは空中戦のことをドッグファイトと呼ぶ。互いに相手の尻尾に噛みつこうとするように、敵の背後に機巧みに回り込み、とどめの一撃を与えるものだ。一九一四年十月、時あたかも第一時世界大戦のさなか、フランス軍の偵察機がドイツ軍の偵察機に銃弾を浴びせ、史上初の空中戦の歴史が始まった。第二次大戦で飛行機は戦術的に多大な貢献をもたらし、技術は高速性能を追求していった。北のソ連製ミグ15と南のアフリカ製F86セイバーは双児の兄弟のような機体でパイロットの腕が勝利を決した。ジェット機はやがて音連を突破し、アメリカはF104スターファイター、フランスはミラージュIII、ソ連はミグ21が世界の戦闘機市場を分け合った。音速時代に入ると余りの高速のため旧来のようなドッグファイトは起り得ないだろうと考えられたが、主要兵器はミサイルになり相手の排気熱から出る赤外線を感知するサイドワインダー、レーダー波を利用したスパローなど続々戦闘機に搭載された。中東でのミラージュIII対ミグ21や、ベトナムでのミグ21対F4ファントムといずれも翼をふれ合わんばかりのドッグファイトがしばしば展開された。アメリカは海軍のF14トムキャット、空軍のF15イーグルを登場させベトナム戦訓に対した。アメリカはこれにあきたらずF16ファイティングファルコン、F18ホーネットの軽戦闘機を作り出した。他にも各国で続々生み出されている高性能戦闘機が紹介されている。...

スタッフ

監督
音楽
KEITH MORRISON
トータル・アドバイザー
S. BON GROUP
ナレーション
J. ZUCCATTI

キャスト

作品データ

製作年 1982年
製作国 日本
配給 東映ユニバースフィルム
上映時間 97分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi