名花サッフォー
ホーム > 作品情報 > 映画「名花サッフォー」
メニュー

名花サッフォー

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

この映画は1921年9月にベルリンで封切りされた。(「寵姫ズムルン」は1920年8月、「パッション(1919)」は1919年9月にそれぞれ封切りされたもの。)原作と監督は「快傑ダントン」「オセロ(1922)」等を監督したディミトリ・ブコウスキー氏の手に成った。フランス国のアルフォンス・ドーデー氏原著の『サッフォー』では無い。主役はポーラ・ネグリ嬢で、相手には「ファントム」「スワリン姫」「ドクトル・マブゼ」その他に出演したアルフレッド・アベル氏、「ゴーレム」出演のアルバート・シュタインリュック氏、「ヴェリタス」等出演のヨハネス・リーマン氏等が出演する。米国ではゴールドウィンが“マッド・ラヴ”と改題して紹介した映画である。無声。

ストーリー

その妖艶の容姿を見ては、男と云う男は誰でも彼女の足もとに身を投げ出すと云われているサッフォーと云う美女があった。精神病院に入った兄を訪ねて田舎から出て来たリシャール・ド・ラ・クロアはオペラ劇場でサッフォーを見て烈しい恋に陥ち、田舎に待つ許嫁の娘を忘れてサッフォーと共に温泉に行き歓楽の日を送った。かつてサッフォーに棄てられたジォルジュはリシャールに彼女の素性を語った。今精神病院で惨めな日を送っているリシャールの兄アンドレの気が狂った原因はサッフォーに対する嫉妬の為であると知り、リシャールは努めて彼女を忘れようとした。田舎に帰って許嫁と結婚の式を挙げたけれど、憎もうとしてもやはりサッフォーが恋しかった。その席からリシャールはサッフォーを求めて都へ来て、オペラ劇場で彼女を発見した。その時欺かれた女を呪う彼の兄アンドレが病院を逃走してここへ来た。アンドレの爪は美しいサッフォーの頬に突き刺された。...

作品データ

原題 Sappho
製作年 1921年
製作国 ドイツ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi