人肉の市
ホーム > 作品情報 > 映画「人肉の市」
メニュー

人肉の市

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

我国の洛陽の紙価を高からしめたエリザベス・シェーン女史原作の「人肉の市」(原名“Die Weisse Sklauin”)から脚色したものだそうである。無声。

ストーリー

デンマークコペンハーゲンの郊外に退職陸軍少佐の娘アルマが両親の死後祖母と二人暮らして居る中オルヴィル・コックスと云う男に瞞され死児を生んだが、世間の噂に耐えず、ロンドンの親戚へ行く途中、船中でダブレー夫人とその甥と称するハリー・スモーレーと同室と成り、ハリーの甘言に乗せられて上陸したら結婚する約束を結んだが、上陸後彼女は麻酔剤を飲ませられ、それから覚めると、自分が秘密の家の密室に監禁されて居るのを発見して驚いた。彼女の寝室へガルウィック侯爵が入って来たが、彼女は抵抗して逃れる。しかし長い間絶食と拷問に会った挙げ句遂にインドの王に操を破られる。彼女は後船医ギャレリーに救われたが、船医の航海中コックス夫人一味は偽電でアルマを瞞し、彼女はトルコの婦人部屋へ売られようとしたが、ガルウィック侯爵は彼女を救い出す。やがて侯爵の力で婦人部屋に囚われて居た不仕合せの女達を自由にし、悪人は捕らえられ、アルマは侯爵の胸に抱かれる。...

スタッフ

原作
エリザベス・シェーン

作品データ

原題 The White Slave Die Weisse Sklauin
製作国 ドイツ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi