死刑台への招待
ホーム > 作品情報 > 映画「死刑台への招待」
メニュー

死刑台への招待

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ユベール・モンティレ(邦訳“帰らざる肉体”)の原作を「カサブランカ」で四三年アカデミー賞受賞のジュリアス・J・エプスタインが脚色。製作・監督は「ナバロンの要塞」のJ・リー・トンプソン。撮影は「素晴らしきヒコーキ野郎」のクリス・チャリス、音楽はジョン・ダンクワースが担当した。出演者は「ニュールンベルグ裁判」のマクシミリアン・シェル、「コレクター」のサマンサ・エッガー、「沈黙」のイングリッド・チューリン、「暗闇でドッキリ」のハーバート・ロムなど。

ストーリー

一九三八年、女ながらもミシェール(I・チューリン)は博士として同僚のチャールズ(H・ロム)と放射線医学の研究に従事していた。スタン(M・シェル)と初めて逢ったのもその頃のことで、スタンはポーランドからパリへ亡命しているチェスの名手だった。二人は急速に結ばれ、そして結婚した。だが、ドイツの侵略はヨーロッパにも及び、ユダヤ人であるミシェールはナチに連れ去られた。それから七年。スタンは、美しく成長したミシェールの先夫の娘ファビ(S・エッガー)と同棲していた。大戦中に、ミシェールの親類縁者すべてが死亡したので、その遺産の相続権は、ミシェールの義理の娘ファビが受けつぐのだが、ミシェールの死が確かめられぬ限り、三十年を待たなければならなかった。こんなところヘアウシュヴィッツから、ミシェールが帰って来た。彼女の死を信じこんでいたスタンは仰天した。三人の生活が始まったが、スタンを愛するファビには、スタンと義母ミシェールの生活が耐えられない苦しさだった。こんな三角関係も長くは続かなかった。スタンとファビの情事はばれた。金を貰って外で生活することになったファビは、義母殺害の完全犯罪を計画しその方法をスタンに告げた。ファビが、邸を出る日、二人はもう一度計画を練った。翌朝、ファビは自室の風呂場で溺死していた。酒瓶があり事故死とされた。邪魔のいなくなったスタンは殺害計画を実行隣した。町までチェスに出かけてアリバイを作り、金庫に贈物があるとミシェールに電話した。電話器に拳銃の発射音が入った。翌朝邸に帰ったスタンは、金庫から仕掛けた巻銃をはずし、朱に染まって倒れているミシェールの手に拳銃を握らせ、警察に電話した。そして再び金庫の前に戻った時、そこから妻の死体は消えていた。仰天するスタンの前に刑事三人と、ミシェールとチャールズが現われた。スタンから電話の時、ちょう度チャールズが来合わせており、ミシェールが金庫を半分開ける時、横にいたチャールズには、拳銃が見えたのだった。...

作品データ

原題 Return from The Ashes
製作年 1965年
製作国 イギリス
配給 ユナイト

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

戦争のはらわた[Blu-ray/ブルーレイ] 戦争のはらわた[DVD] ジュリア[DVD] リトル・オデッサ[DVD]
戦争のはらわた[Blu-ray/ブルーレイ] 戦争のはらわた[DVD] ジュリア[DVD] リトル・オデッサ[DVD]
発売日:2013年11月27日 最安価格: ¥1,533 発売日:2015年6月24日 最安価格: ¥927 発売日:2016年1月20日 最安価格: ¥982 発売日:2014年12月17日 最安価格: ¥818
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi