FBIマンハッタン作戦
ホーム > 作品情報 > 映画「FBIマンハッタン作戦」
メニュー

FBIマンハッタン作戦

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アレックス・ベルクのシナリオを「犯罪部隊999」のハラルト・フィリップが監督した“FBI”シリーズ第二作目。撮影はウォルター・タッチ。音楽はピーター・トーマス。出演は前作に続きジョージ・ネイダー、ヘンリー・ワイス、リチャード・マンチなど製作はハインツ・ヴィレッグ。

ストーリー

ニューヨークの下町を根城にする百ドル団と呼ばれる暴力組織は、すべての商店から毎月百ドルずつの会費を徴収し、これに応じない者には、悪辣な暴力をふるっていた。そんなある日、レストランの主人が、集金に来た男に支払いを拒絶したため、その場で射殺された。これを偶然目撃した十二歳の少年ビリーは、FBIに報告した。ニューヨーク地区のFBI支局長ミスター・ハイは事件の解決をジェリー(G・ネイダー)と彼の同僚フィル(H・ワイス)に命じた。フィルは、何とか暴力行為の現場をおさえようと、ガソリンスタンドの持主ソフィの協力を得て、スタンド・マンになりすまし、集金係の現れるのを待った。やがて集金係のデュイが現れ、フィルは支払いを拒絶した。怒ったギャング団は、ガソリン・スタンドに放火した。これを、近くのビルから見ていたジェリーはフィルと共に、ギャング団を追跡した。やがて、二人は、デュイをとある街角のビルに追い込んだが、デュイは、FBIの罠に落ちこんだ責任を問われて、瀕死の重傷を受けていた。だが、デュイは死ぬ間際、ギャング団の本部が“金魚バー”にあることを告白した。さっそく“金魚バー”にふみこんだ、フィルとジェリーは、その店の支配人アレックスが、ギャング団の一味であることをつきとめた。数日後再び、アレックスを始めとするギャング団は、復讐のために、ガソリンスタンドを襲った。待ち受けていたFBIは、たちまち一味を逮捕したが、ギャング団の首領はビリーと“金魚バー”のマダム・ウィルマを誘拐して逃走した。飛行機まで動員した激しい追跡戦の末、ジェリーとフィルは首領を追いつめ、首領の乗った飛行機は、崖にぶつかり、自滅してしまった。...

作品データ

原題 Operation100 Dollar Gang
製作年 1965年
製作国 フランス・ドイツ合作
配給 NCC

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi