全部が獣だ
ホーム > 作品情報 > 映画「全部が獣だ」
メニュー

全部が獣だ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

バンチュラのあとの主役をロジェ・アナンがやる“新・ゴリラシリーズ”の一篇。「そこを動くな」のベルナール・ボルドリーが他二者との共同脚本を監督。撮影はクロード・ルノワール、音楽はモダン・ジャズのジャン・ルチア。出演はアナンのほかシャルル・ヴァネル、米国スター、ジェス・ハーンら。

ストーリー

一九五九年、ルール工業地帯。ドイツのカイベル博士は新式の原爆の原理を各国に公開しようとした時、同国の科学者ロンの手下にさまたげられた。書類の入ったカバンを盗もうとしたのは英国のスパイ、ウィリアムだった。それを奪ったのは、仏のスパイ通称“大佐”(シャルル・ヴァネル)の手下だった。が、そのカバンはロンがすでにすりかえていた。ロンの研究所員になりすましていたアメリカのスパイ、鉤のテッドが機密書類を小型カメラに収めることに成功した。が、ロンの追求をうけ、二個のうち一個を食堂の便所にかくした。“大佐”はかつて彼の片腕だったゴリラ(ロジェ・アナン)の出動をうながした。ゴリラはいやいやながら落下傘基地から出てき、ロンに捕った大佐を救い出した。さらに食堂に忍びこみ、カメラを発見した。ソ連のスパイ、ボリスは手下と共に彼を捕えたが、ゴリラは車をぶつけさして逃れ、ボリスを殴り倒した。テッドが追ってきた。二人でボリスを警官の目の届かぬ場所に置き、逃げた。彼らは協定を結び、互いに持つカメラのフィルムを見せ合うことにした。アメリカ側のフィルムが空路到着した時、ボリスの一隊が襲った。ゴリラが奪い返して逃げたのを、テッドは裏切りと思い、射殺を命じた。大型トラックがゴリラの車にぶつかってきた。衝突寸前、ゴリラは逃れたが、ボリスの一隊に捕まった。眠らせられかけたが、前に救ったことと交換に釈放された。ウィリアムが博士の娘を誘拐し、博士を連れ出そうとした。ロンは博士が家の外に出たら、射殺するつもりだった。ゴリラは駈けた。ボリスがロンと相うちになり、博士は無事だった。ゴリラがボリスを空地にかつぎこんだ時、新聞売子が、NATOがカイベル・プランを各国に公開したと報じていた。...

作品データ

原題 La Valse du Gorille
製作年 1959年
製作国 フランス
配給 大映
上映時間 100分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi