皇帝に捧げし命
ホーム > 作品情報 > 映画「皇帝に捧げし命」
メニュー

皇帝に捧げし命

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ロシアの作曲家グリンカ(一八〇四~五七)の作った五幕のオペラ“イワン・スサーニン”の映画化。作詞はフォン・ロオゼン。映画化に当っては第三、四幕を抜粋、主要人物はスサーニン(バス)のM・ミハイロフ、アントニーダ(テノール)のN・グーセリニコワ。

ストーリー

一六二三年、ロシアとポーランドが戦った時、ポーランドの一部隊はロシア皇帝を暗殺すべくモスクワに向った。ロシアの農夫スサーニンの家では、今宵娘のアントニーダがサビーニンと結婚式を挙げようとしていた。そこへポーランド軍が現れ、皇帝の居所へ案内せよと、スサーニンに迫った。皇帝の安泰を願う彼はポーランド軍の要求に応じたふりをし、これを密林に誘い込み全滅させようと決心した。サビーニンも祖国を守るため家郷を後にした。その頃、ポーランド軍は雪の密林の中に迷い込み、欺かれたと知った兵隊たちはスサーニンを殺してしまった。...

キャスト

作品データ

原題 La Vie pour le Tsar
製作年 1952年
製作国 ソ連
配給 中央映画社

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi