シャーク!
ホーム > 作品情報 > 映画「シャーク!」
メニュー

シャーク!

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

世界各地の海に鮫の生態を追ったドキュメンタリー。監督は「青い大陸」のブルーノ・ヴァイラーティ、撮影はアルナルド・マッティ、水中撮影はジャンカルロ・フォルミキ、ミシェル・ローブロー、アルナルド・マッティ、ブルーノ・ヴァイラーティの共同、音楽はダニエレ・パトゥッキが各々担当。

ストーリー

〔シチリア島沖のマグロ漁〕毎年、何千というマグロが同じコースをたどって、大西洋からここへ卵を生みに戻ってくる。一匹三百キロもあるマグロの漁は、豪壮な海の一大絵巻だ。だが、シチリアの漁民たちはこの漁がいかに危険か先祖の代から知っている。それはマグロとともに巨大な人喰い鮫が一緒に人ってきて、魚の血の匂いに一段と狂暴になるからだ。マグロの群れをワナの奥へ追い込み、人喰い鮫を監視するダイバーたちは常に生命の危険にさらされているのだ。 〔紅海の人喰い鮫〕世界で最も美しいといわれる石サンゴを始め、珍しい魚類の宝庫といわれる紅海サンゴ礁はカラフルな魅惑的な世界だが、毎年驚くほど多勢の貧しいサンゴ採りの漁夫が人喰い鮫の犠牲になる。悪名高いタイガー・シャークの他に、レクイエム・シャークつまり“死神の歌”と呼ばれる集団で襲う恐ろしい鮫がいるのだ。 〔サン・ベニト島での珍しい体験〕メキシコの博物学者でダイバーのラモン・ブラボのガイドにより、ロサンゼルス沖の南、サン・ベニト島に行った。目的は死んだアザラシやアシカの肉を求めてこの島のまわりに集まってくる人喰い鮫やどう猛なシャチを撮るためだ。そこでは先住民のキタゾウアザラシがすさまじい方法で歓迎のセレモニーを見せてくれた。縄張りをめぐって二頭のアザラシが三トンの巨体をぶつけあい、噛み合う壮烈な死闘を展開していた。 〔タヒチ島の鮫〕鮫が生活に深くくい込んでいる地方もある。タヒチの子供たちはおとなしいナース・シャークの背に乗って遊びながら、鮫の習性や恐ろしい人喰い鮫との違いを学ぶ。ここでは死者の魂をタイガー・シャークが彼岸に導くと信じられており、鮫は信仰にも一役買っている。...

キャスト

作品データ

原題 Shark and Man
製作年 1976年
製作国 イタリア・日本合作
配給 東宝東和
上映時間 88分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi