青春の墓碑銘
ホーム > 作品情報 > 映画「青春の墓碑銘」
メニュー

青春の墓碑銘

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

1925年から1939年にかけての、プラハの労働者街の人々の生活を背景に一人の青年の青春を描く。監督は「人魚姫」のカレル・カヒニヤ、原作・脚本はヤン・オチェナーシェク、ウラジミール・カリナ、撮影はヤン・チュジーク、音楽はルボシュ・フィシェル、美術はズビニェク・フロフが各々担当。出演はウラジミール・メンシーク、ルーカシュ・ワツリーク、ダヴィド・ヴルチェク、ヤン・フルーシーンスキー、ミハル・ドロウヒー、テレサ・ポコルナー、ズラタ・アダモフスカーなど。

ストーリー

1925年のプラハ。靴修理屋のブルシーク(ウラジミール・メンシーク)は、良いくらしを求めて、妻と三人の子供を伴ってプラハのジシコフ街に移って来た。しかし妻は間もなく死に、仕事は一向にうまくゆかない。頼りにならない父親の元を、まず娘のヴィエラ(ズラタ・アダモフスカー)が出てゆき、長男のペパン(ヤン・フルーシーンスキー)も鉄道で働きたいと言って出ていった。残された次男のカイダ(ルーカシュ・ワツリーク)は、まだ学生だ。彼は、ある日、パイヤ(テレサ・ポコルナー)という少女と会い、二人だけの秘密の場所を見つける。それは、老人の薬剤師が所有する荒れはてた庭だ。カイダは、ペパンにパイヤを紹介するが、呑んだくれの父に変わって今では主人となっていたペパンは、大人としての悪知恵が設わっており、彼女をそそのかしてホテルヘ誘った。それを知ったカイダは、兄に決闘を申しこむが、カイダは兄を打ちまかすことができなかった。パイヤは、彼から去ってゆき、カイダは傷つく。ジシコフの街に冬が訪れ、一家が完全にバラバラになったころ、チェコにはナチスの魔の手がしのびよるのだった。...

作品データ

原題 Love Between Drops of Rain Lasky mezi Kapkami Deste
製作年 1979年
製作国 チェコスロバキア

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi