我れ一度怒れば
ホーム > 作品情報 > 映画「我れ一度怒れば」
メニュー

我れ一度怒れば

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

チャールズ・アルデン・セルツァー氏の原作、チャールズ・ケニヨン氏の脚色で「天晴トニー」「天空万里」等と同じくリン・F・レイノルズ氏の監督になったもの。主役は「鉄火の試錬」「アラスカ魂(1919)」等と同じくウィリアム・ファーナム氏で、対手は「三十日間」「離婚希望」等出演のワンダ・ホウリー嬢、その他トム・サンチ氏やクレアー・アダムス嬢等も共演している。

ストーリー

スティーブン・ランノンは東部から西部の町ボザムへ帰って来て役人を援け町で暴威を振う家蓄盗棒を一掃しようとした。彼はグローリアという娘と恋に陷ちたが、娘は彼は都の女エレンを恋していると疑っていた。しかし彼女はスティーブンが悪人キャムパンに傷けられた時優しく介抱してやった。キャムパンは邪魔になるスティーブンを亡きものにしようとし、彼を誘き出すためグローリアとエレンとを誘拐して砂漠へ逃れた。スティーブンは単身彼らを追跡し、巧みにキャムパンの裏を掻いて彼を取って押え、2人の娘を救った。グローリアは始めて自分が彼のただ1人の恋人であることを知った。...

作品データ

原題 Brass Commandment
製作年 1923年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi