六時五十分
ホーム > 作品情報 > 映画「六時五十分」
メニュー

六時五十分

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ケイト・マクローリン原作の舞台劇をハーヴェイ・ゲイツとレノア・コフィーとが脚色し、「勇猛突進」「悍馬の健児」等と同じくナット・ロスの監督で、主役は「最強者」「警鐘乱打」等出演のルネ・アドレー、「名声」等出演のナイルス・ウェルチ、その他オーヴィル・コルドウェルも出演する。

ストーリー

結婚後2年の間、農夫のダン・テイラーと妻ヘスターとは貧しいながらも割合に平和な生活をしていたが、次第に若いヘスターは夫の意気地なしに厭き、都へ出たい欲望に駆られるようになった。ある時6時50分発の列車が転覆してテイラーの家へ都の若い男女ルーザフォードとクリスティーンとが助けられて来た。ルーザフォードはヘスターにニューヨークへ出るように勧めたのでヘスターは夫に乞うて初めてニューヨークの見物に出たが、ルーザフォードは彼女に誘惑の手を伸ばした。一方ダンはクリーム製造場を起しなどして家運の快復に努力していた。都に失望して、ヘスターが楽しい我家に帰って来た時、優しく迎えてくれた夫を彼女はどんなに感謝して眺めた事であったろう。...

スタッフ

監督
脚色
ハーベイ・ゲイツ
レノア・コフィー
原作
ケイト・マクローリン

作品データ

原題 The Six Fifty
製作年 1923年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi