掠奪者(1960)
ホーム > 作品情報 > 映画「掠奪者(1960)」
メニュー

掠奪者(1960)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ポップ・バーバッシュの脚本を「翼の男」のジョセフ・ペヴニーが監督した西部劇。撮影はジーン・ポリト、音楽をレオナード・ローゼンマンが担当。出演は「許されざる者(1960)」のジョン・サクソン、「野性の息吹き」のジェフ・チャンドラー、ほかにドロレス・ハート、シェイ・フリッピン、レイ・ストリックリンら。

ストーリー

辺境の開拓者の町トレイル・シティに、4人組のカウ・ボーイがカンサスへ牛を運んでの帰りに寄った。彼らは首領株のジェブ(レイ・ストリックリン)、ロンドオ(ジョン・サクソン)、大男のムーレ(ロジャー・トーレ)チンピラのデイビイ(ディー・ポロック)で、酒場でウィスキーを強要した。そこには牧場主サム(ジェフ・チャンドラー)らがいた。シェリフのマッコリー(ジェイ・フリッペン)は4人を留置場にいれた。翌朝、留置場を出された4人はケートのホテルを占拠し馬鹿騒ぎを始めた。その上ジェスの雑貨屋も襲った。そこでロンドオはジェスの娘エリー(ドロレス・ハート)を見染めた。町の人はシェリフの弱腰をせめた。酒場では4人が暴れ、ロンドオは雑貨屋に忍びこみ、エリーに強引に接吻した。酒場にサムがやってきた。ムーレが彼を侮辱した。サムも仕返しした。が、多勢に無勢でサムは失神するまで殴られた。町の人々の怒りは爆発した。マッコーリーは彼らに強制退去を命じたが、反対にジェブに射殺された。あまりの卑劣さに仲間のロンドオもジェブの行為を怒り、デイビイとともに仲間から離れた。ヤケになったジェブはムーレと2人で町中を荒らしまわった。デイビイは拳銃を捨てた。ロンドオはエリーに求愛したが拒否された。彼はサムの計略にかかり包囲された。サムに襲いかかったロンドオはエリーに射殺された。残った2人は酒場近くの家にたてこもり、町民たちに反抗した。サムはムーレにナイフで勝負を挑んだ。喧嘩に自信のあるムーレはこれに応じた。息づまるナイフの決闘が展開した。サムは勝った。1人残ったジェブは急に命が惜しくなり、町から逃走しようとした。しかしサムに追いつめられて殺された。若いデイビイは故郷に帰された。彼の姿を町の人々はいつまでも見送っていた。...

作品データ

原題 The Plunderers
製作年 1960年
製作国 アメリカ
配給 アライド・アーチスツ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi