嫁が欲しうてなりませぬ
ホーム > 作品情報 > 映画「嫁が欲しうてなりませぬ」
メニュー

嫁が欲しうてなりませぬ

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「石油成金」「デブの当た年」「臆病探偵」等同様ロスコー・アーバックル氏主演のパラマンウト映画で原作はフランク・コンドン氏、脚色は右映画と同じウォルター・ウッズ氏、良い喜劇的気分を出す名手ジェームズ・クルーズ氏が「臆病探偵」同様監督した。「石油成金」「血と砂(1922)」等のライラ・リー嬢が相手役、人気者ブル・モンタナ君の顔を見える。

ストーリー

お医者であるホバート・ハップは犯罪人も脳にある手術を加えればなおるという固い自信を持っていた。彼は今正にダゴ・レッドという名前の通り獰猛な男に己が学説の手術を加えんとしている。と彼は今日が自分の結婚の当日である事に気づいた。学説の証明より正直の所嫁がほしいのである。相手は成金ウィッギンスの娘で彼は名門なるが故を以て特にその花婿たるの幸福を荷なったわけである。彼は家を飛び出した、驚いた患者タゴは追い駆ける。しかし陽気なデブちゃん事ホバートはその途中、素晴らしい美しい優しいアナベルという娘に出会い家へ送り届けた為に急に其娘の方が欲しくなってしまった。たちどころに申し込んだ結婚は承諾された。彼は大胆にもウィッギンスの家へ此娘を連れて行って、実は此娘の方と結婚してしまったのである。...

作品データ

原題 Crazy to Marry
製作年 1921年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi